March 27, 2017 / 12:54 AM / 10 months ago

〔マーケットアイ〕金利:国債売り現先オペオファー見送り、レポ落ち着き考慮との見方

[東京 27日 ロイター] - リアルタイム金利データは reuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ratesviews をクリックしてご覧ください。

<09:51> 国債売り現先オペオファー見送り、レポ落ち着き考慮との見方

日銀は午前9時半の国債売り現先オペのオファーを見送った。日銀は24日に約8年ぶりに3月末をまたぐターム物の国債売り現先オペをオファーしており、市場参加者の一部ではきょうも通告がある可能性を指摘する声があった。

オファーの見送りについて市場では「24日のオペ結果そのものが、レートで見ると全体的には極端な品薄という感じではなかった点と、レポレートの1週間物が24日にマイナス0.145%と23日のマイナス0.788%から大幅にマイナス幅を縮小し落ち着きを見せ始めていたことなどが考慮されたのではないか」(国内金融機関)とみている。

きょうの朝方公表された3月の日銀金融政策決定会合における主な意見によると、「物価2%目標になお距離、強力な金融緩和を推進していくことが適切」、「拙速に行動すべきでなく、粘り強く金融緩和に取り組むことが肝要」、「2月の国債買入額の増加、イールドカーブ・コントロールの弱点が顕在化したもの」などとの意見が出たが、円債相場では材料視されていない。

<08:57> 国債先物は小反発で寄り付く、米債からの影響は限定的

国債先物中心限月6月限は、前営業日比3銭高の150円42銭と小反発して寄り付いた。前週末は短期ゾーンの金利に上昇圧力がかかった流れが中長期ゾーンにも波及して軟化したが、終盤に売り一巡から買い戻しが優勢になった。市場では「きょうも短期筋が買いを先行させている。相場の方向性を決めるうえで、日銀が国債売り現先オペをオファーするかが焦点」(国内証券)との見方が出ている。

24日の米国市場は、医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の下院採決を巡り振 られる展開となった。トランプ米大統領は共和党指導部に採決を取り止めるよう指示し法 案が撤回され議会運営の難しさを露呈する結果になったが、市場は、法案を廃案にせず再 起の機会を与える意向と受け取った。

足元の円債市場への影響は限られており、10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比変わらずの0.060%での寄り。

日本相互証券の日中画面

トレードウェブの日中画面

国債引値 メニュー

10年物国債先物

日本相互証券の国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含む

日本相互証券の変動利付国債引値一覧・入札前取引含む

日本相互証券の物価連動国債引値一覧・入札前取引含む

スワップ金利動向

ユーロ円金利先物(TFX)

ユーロ円金利先物(SGX)

無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)

TIBORレート

日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む

日本相互証券 短期国債引け値・入札前取引含む

LIFFE円債先物

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below