July 15, 2020 / 4:49 AM / 25 days ago

〔表〕展望リポート:経済・物価見通し

    [東京 15日 ロイター] - 日銀が15日公表した「経済・物価情勢の展望(展
望リポート)」における2022年度までの政策委員の大勢見通しは以下の通り。
    大勢見通しは各政策委員が最もがい然性が高いと考える見通しの数値について、最大
値と最小値を1個ずつ除いて幅で示した。
    
    ――対前年度比、%。
                 実質GDP   コアCPI
 2020年度        -5.7 ─-4.5  -0.6─-0.4
         中央値     -4.7         -0.5
  4月時点の見通  -5.0─-3.0   -0.7─-0.3
             し               
 2021年度        +3.0─+4.0   +0.2─+0.5
         中央値     +3.3         +0.3
  4月時点の見通  +2.8─+3.9    0.0─+0.7
             し               
 2022年度        +1.3─+1.6   +0.5─+0.8
         中央値     +1.5         +0.7
  4月時点の見通  +0.8─+1.6   +0.4─+1.0
             し               
 
    なお、4月時点の大勢見通しは、各政策委員が最大1.0%ポイントのレンジの範囲
内で見通し(上限値・下限値の2つの値)を作成し、9名の政策委員の見通し値(上限値
・下限値)のうち上から2個、下から2個、計4個の値を除いて、幅で示したものである
。そのため、今回の大勢見通しとは異なることに留意が必要。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below