July 4, 2019 / 9:27 PM / 2 months ago

べトナム、米国の鉄鋼製品に対する懸念に対応へ=財政相

[ロンドン 4日 ロイター] - ベトナムのディン・ティエン・ズン財政相は4日、米商務省が示したべトナムで最終加工された鉄鋼製品に対する懸念の払しょくに向け最善を尽くす方針を示した。

米商務省は2日、韓国あるいは台湾で生産後、ベトナムで最終加工を施し、米国に輸出された一部の鉄鋼製品に最大456%の関税を課すと発表。ベトナムで生産され、米国に輸出されていた耐食鋼材と冷延鋼板が、実際は韓国や台湾で作られた鋼材をベースに使っており、米国の反ダンピング・補助金相殺関税を回避していることが判明したとした。

財政相はロイターのインタビューに対し、「トランプ米大統領に対し、ベトナムがこの問題に真剣に対処していることを示したい」と述べた。

その上で、関税措置で経済は何らかの影響は受けるとしながらも、対米輸出に占める鉄鋼製品の割合はそれほど大きくないため、直ちに大きな影響を受けることはないとの見方を表明。「まず状況を精査する必要がある」と述べるにとどめ、ベトナムが対抗関税措置を検討するかについては明らかにしなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below