June 10, 2019 / 7:06 AM / 8 days ago

アジア株式市場サマリー:引け(10日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [10日 ロイター] - 
                                   終値      前日比          %        始値        高値        安値  コード
       中国  上海総合指数     2852.1302    + 24.3324      + 0.86   2833.0145   2861.1310   2824.3554         
             前営業日終値      2827.7978                                                              
       中国  CSI300指     3610.744     +46.066       +1.29    3578.008    3623.730    3568.279           
             数                                                                                       
             前営業日終値       3564.678                                                              
       香港  ハンセン指数       27578.64     +613.36       +2.27    27206.61    27606.42    27155.03        
             前営業日終値       26965.28                                                              
       香港  ハンセン中国株     10526.92     +192.60       +1.86    10389.26    10557.36    10373.42         
             指数                                                                                     
             前営業日終値       10334.32                                                              
       韓国  総合株価指数        2099.49      +27.16       +1.31     2087.37     2099.65     2075.51         
             前営業日終値        2072.33                                                              
       台湾  加権指数           10566.47     +157.27       +1.51    10486.23    10566.47    10466.24         
             前営業日終値       10409.20                                                              
         豪  S&P/ASX         休場           -           -           -           -           -         
             指数                                                                                     
             前営業日終値              -                                                              
 シンガポー  ST指数            3188.11      +21.82       +0.69     3174.88     3199.53     3171.90        
         ル                                                                                           
             前営業日終値        3166.29                                                              
 マレーシア  総合株価指数        1655.47       +6.14       +0.37     1651.93     1656.00     1651.85         
             前営業日終値        1649.33                                                              
 インドネシ  総合株価指数       6289.610     +80.493       +1.30    6277.293    6334.645     6276.28         
         ア                                                                                           
             前営業日終値       6209.117                                                              
 フィリピン  総合株価指数        8045.39      +61.41       +0.77     7981.59     8055.05     7967.24        
             前営業日終値        7983.98                                                              
   ベトナム  VN指数             962.90       +4.62       +0.48      963.78      966.90      958.60        
             前営業日終値         958.28                                                              
       タイ  SET指数          1664.73      +11.23       +0.68     1661.72     1667.69     1661.37         
             前営業日終値        1653.50                                                              
     インド  SENSEX指     39784.52     +168.62       +0.43    39787.33    39979.48    39619.97          
             数                                                                                       
             前営業日終値       39615.90                                                              
     インド  NSE指数         11922.70      +52.05       +0.44    11934.90    11975.05    11871.75         
             前営業日終値       11870.65                                                              
    東南アジア株式市場は軒並み上昇。弱い米雇用統計を受け、米連邦準備理事会(FRB)による利下げ
期待が高まった。米国とメキシコが不法移民対策で合意し、両国の「貿易戦争」への懸念が後退したことも
相場を押し上げた。
    KGIセキュリティーズのアナリストは「主に対メキシコ関税の発動延期を手掛かりにした上昇だ。米
利下げ観測もいくらかの押し上げに寄与した。この1カ月、市場は全体的に売られ過ぎの水準にある」と述
べた。
    ジャカルタ市場の総合株価指数は1.3%高で1カ月ぶりの高値で引けた。金融株や通信株が上げをけ
ん引した。
    インドネシアの5月の消費者物価指数(CPI)は、ラマダン(断食月)明けを祝う祭りの支出に支え
られ、伸びが前月から加速した。インドネシア中央銀行のワルジヨ総裁は10日、同国のインフレ率は制御
下にあり、今後も低水準にとどまるとの見通しを示した。
    シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数は0.7%高。不動産株が同指数を押し上げ、シティ・
デベロップメントは5.9%の急上昇。同社は7日、英ミレニアム・コプトーン・ホテルズ<MLC.
L>を買収することで両社が合意したと発表した。
    
    中国株式市場は上昇して引けた。上海総合指数は7営業日ぶりに反発。米国が対メキシコ関税の発動を
見送り貿易摩擦を巡る懸念が後退したことや、刺激策への期待が相場を支援した。
    財富証券はリポートで、株価評価に影響を及ぼしている悪材料が取り除かれ、(米中の)通商摩擦があ
る程度解決されれば、A株市場は外国マネーに引き続き好まれる可能性があるとした。
    中国税関総署が発表した5月の貿易統計によると、米国の関税引き上げにもかかわらず、輸出は予想の
前年同月比3.8%減に反して1.1%増加した。ただ輸入は約3年ぶりの大幅な減少率を記録。内需の弱
さが改めて示された。当局の追加刺激策につながる可能性がある。
    本土市場には外国からのマネーが多く流入し、株式相互取引を通じた外国人のA株買い入れ額は80億
元(11億5000万ドル)を超えた。
    
    香港株式市場も上昇して終了。世界的な株高に連れた。
    ソウル株式市場の株価は3営業日続伸した。米利下げ期待の高まりが相場を押し上げたほか、米国とメ
キシコの合意や中国の新たな景気刺激策を手掛かりに自動車関連株が買われた。
    総合株価指数(KOSPI)は4月29日以来の上昇率となった。
    7日発表された5月の米雇用統計では、非農業部門の就業者数の伸びが前月から急減速したほか、賃金
の伸びも市場予想を下回った。このため、経済活動の失速が労働市場にも波及している可能性があるとの懸
念が高まり、米連邦準備理事会(FRB)への年内の利下げ圧力が強まる可能性が意識された。
    消費てこ入れを目指す中国政府は、不調な自動車販売などを後押しする一連の刺激策を発表した。
    輸送機器株指数が2.5%高となり、市場の上げをけん引。現代自動車は2.1%
高、起亜自動車は4.5%高。
    海外投資家は1128億ウォン(約9521万ドル)相当の買い越し。
    
    シドニー株式市場は、女王誕生日で休場。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below