for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア株式市場サマリー:引け(10日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [10日 ロイター] - 
                                 終値     前日比         %       始値       高値       安値  コード        
      中国  上海総合指数     3379.2524  + 25.2172     + 0.75  3341.5276  3399.9323  3335.0427           .SSEC 前営業日終値     3354.0352                                                                    
      中国  CSI300指    4724.870    +16.944      +0.36   4681.755   4757.663   4646.289  <.CSI30  .CSI3
            数                                                                                 0>        00
            前営業日終値      4707.926                                                                    
      香港  ハンセン指数      24377.43    -154.19      -0.63   24376.82   24536.01   24272.67           .HSI
            前営業日終値      24531.62                                                                    
      香港  ハンセン中国株     9990.67     -72.76      -0.72   10005.40   10063.99    9937.53           .HSCE
            指数 前営業日終値      10063.43                                                                    
      韓国  総合株価指数       2386.38     +34.71      +1.48    2353.92    2390.51    2349.33           .KS11
            前営業日終値       2351.67                                                                    
      台湾  加権指数          12894.00     +65.13      +0.51   12786.80   12933.16   12786.80           .TWII
            前営業日終値      12828.87                                                                    
        豪  S&P/ASX     6110.20    +105.40      +1.76    6004.80    6125.30    6004.80           .AXJO
            指数 前営業日終値       6004.80                                                                    
  シンガポ  ST指数              休場          -          -          -          -          -           .STI
      ール 前営業日終値             -                                                                    
  マレーシ  総合株価指数       1571.66      -6.48      -0.41    1579.29    1579.29    1558.07           .KLSE
        ア 前営業日終値       1578.14                                                                    
  インドネ  総合株価指数      5157.834    +13.941      +0.27   5143.893   5158.676    5134.87           .JKSE
      シア 前営業日終値      5143.893                                                                    
  フィリピ  総合株価指数       5930.92     +84.90      +1.45    5853.12    5930.92    5832.60           .PSI
        ン 前営業日終値       5846.02                                                                    
  ベトナム  VN指数            843.20      +1.74      +0.21     845.11     849.52     843.20           .VNI
            前営業日終値        841.46                                                                    
      タイ  SET指数         1322.01      -2.39      -0.18    1327.16    1330.17    1321.90           .SETI
            前営業日終値       1324.40                                                                    
    インド  SENSEX指    38182.08    +141.51      +0.37   38168.42   38430.69   38073.29  <.BSESN  .BSES
            数                                                                                 >          N
            前営業日終値      38040.57                                                                    
    インド  NSE指数        11270.15     +56.10      +0.50   11270.25   11337.30   11238.00           .NSEI
            前営業日終値      11214.05                                                                    
 

    東南アジア株式市場はまちまちで引けた。中国が発表した7月の卸売物価指数(PPI)が改善したこ
とで、米中緊張の高まりをめぐる警戒感が和らいだ。
    マニラ市場の主要株価指数PSEiは1.45%高の5930.92で終了。フィリピンでの新
型コロナウイルスの感染者は急増しているものの、マニラ首都圏の封鎖措置が予定通り来週半ばに解除され
るとの期待に押し上げられた。
    ファースト・メトロ・アセット・マネジメントの資金運用管理者は「マニラ首都圏は厳しい隔離措置を
緩める用意があると新型コロナ国家タスクフォースの議長が発言し、経済活動の再開に楽観的見方が出た」
と分析した。
    一方、クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIの終値は0.41%安の1571.66
。ゴム手袋大手のトップ・グローブとハルタレガがそれぞれ3.34%、4.08%下
げた。
    両社の株価は6月から7月にかけてほぼ2倍に急騰。CGS―CIMBは、同指数に占める両銘柄の比
重が高まったと指摘した。
    この他の市場の終値は、ジャカルタ市場の総合株価指数が0.27%高の5157.834、
バンコク市場のSET指数は0.18%安の1322.01。シンガポール市場は独立記念日のた
め休場。        
      
    中国株式市場は反発して取引を終えた。生産者物価指数(PPI)の低下が和らいだことを受けて景気
回復への期待が高まり、一時の安値から切り返した。
    中国国家統計局が発表した7月のPPIは、国際石油価格の上昇を受けて低下率が鈍化した。企業活動
が新型コロナウイルス危機前の水準に回復しつつあり、景気回復の兆しがみられた。
    ただ、米中の対立が引き続き重しとなる見通しだ。米国が7日、香港の自治侵害などを理由に林鄭月娥
(キャリー・ラム)行政長官を含む11人を制裁対象にしたことを受け、中国の出先機関「香港連絡弁公室
」は8日、「こっけいな行動」であり中国国民が恐れを抱くことはないと反論した。[nL4N2F9
43S]
    また、米国のアザー厚生長官は10日、訪問先の台湾で蔡英文総統と会談し、民主的な台湾に対するト
ランプ米大統領の強い支持を伝えた。中国はアザー長官の訪台に断固反対すると表明していた。[nL4N2FC0X
C]
      
    香港株式市場は下落。米中関係の悪化や米追加経済対策の迷走が重しになった。
    トランプ米大統領が、傘下の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」の取引停止を命じた騰訊控股(テ
ンセント・ホールディングス)が4.83%安。
    UOBケイヒアンの機関投資家向けセールス責任者のスティーブン・ルン氏は、狙い撃ちされたのはウ
ィーチャットだったが、投資家は他のビジネスに波及する可能性を懸念していると述べた。
      
    ソウル株式市場は6営業日続伸し、約2年2カ月ぶりの高値で引けた。7月の中国卸売物価指数(PP
I)が好感されたほか、現代自動車の急騰に押し上げられた。投資家の間では、米中貿易協議の「第1段階
合意」の履行状況を検証するため、両国が15日に開く閣僚協議への警戒感もあった。
    総合株価指数(KOSPI)は終値としては2018年6月15日以来の高値。上昇率は今年7月28
日以来の大きさとなった。  
    現代自は一時17.4%高まで上昇。終値は15.7%高で、17年5月23日以来の高
値を付けた。同社はこの日、電気自動車ブランド「アイオニック」から21-24年に3車種を発売すると
発表した。  
    医薬品大手SKバイオファーマシューティカルズは一時9.5%高を付け、1カ月ぶりの
高値で引けた。韓国証券取引所が9月11日から総合株価指数の構成銘柄に採用する意向を表明したことが
好感された。
    海外勢は1298億ウォン(約1094万ドル)相当の売り越し。
      
    シドニー株式市場は反発し、約3週間ぶりの高値で終了した。主力銘柄の金融株が相場上昇をけん引し
た。オーストラリア・ビクトリア州で新型コロナウイルスの新規感染者数が減少したほか、米国の追加経済
対策への期待が再燃し、投資家のリスク選好度が高まった。
    金融株指数は2.6%高と急上昇し、約1週間ぶりの高値を付けた。「四大銀行」は2.8-
3.5%高。
    コムセックの市場アナリスト、ジェームズ・タオ氏は「金融株は過去数週間、市場の動きに若干取り残
されていた。(急上昇は)今週のコモンウェルス銀行(CBA)の決算発表前に追い付こうとする動きかも
しれない」と分析した。
    ヘルスケア株指数は1.7%高。医薬品大手CSLは2.2%、病理検査大手ソニッ
ク・ヘルスケアは2.3%、それぞれ上昇した。
    鉱業株指数は約1%高。BHPグループは1.4%高、フォーテスキュー・メタルズ
・グループは2.1%高。フォーテスキューは7日、同社の鉄鉱石鉱山で計画されている拡張が聖
地を脅かすとの先住民の主張を受け、計画の見直しを表明した。

    

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up