July 15, 2019 / 9:28 AM / a year ago

アジア株式市場サマリー:引け(15日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [15日 ロイター] - 
                                終値     前日比      %        始値       高値       安値  コード
    中国  上海総合指数      2942.1853  + 11.6391  + 0.40   2921.5460  2955.0003  2886.6993         
                                                                                            
          前営業日終値      2930.5462                                                       
    中国  CSI300指数   3824.188    +15.457   +0.41    3792.641   3844.868   3745.855           
          前営業日終値       3808.731                                                       
    香港  ハンセン指数       28554.88     +83.26   +0.29    28303.36   28567.25   28071.19        
          前営業日終値       28471.62                                                       
    香港  ハンセン中国株指   10838.99     +50.65   +0.47    10737.88   10849.20   10641.88         
          数                                                                                
          前営業日終値       10788.34                                                       
    韓国  総合株価指数        2082.48      -4.18   -0.20     2083.39    2088.34    2073.10         
          前営業日終値        2086.66                                                       
    台湾  加権指数           10876.43     +52.08   +0.48    10819.92   10880.56   10769.57         
          前営業日終値       10824.35                                                       
      豪  S&P/ASX指    6653.00     -43.50   -0.65     6694.90    6694.90    6638.50         
          数                                                                                
          前営業日終値        6696.50                                                       
 
    東南アジア株式市場では、マニラ株が1年4カ月超ぶりの高値を付けた。現地紙がフ
ィリピン中央銀行が追加利下げを検討している可能性があると報じ、相場を押し上げた。
さらに、インドネシア政府が、投資を促進するために規制の緩和や減税を行うことを検討
していると示唆したことから、ジャカルタ株も上昇した。
    マニラ市場の主要株価指数PSEiは2.74%高の8365.29。不動産
株や工業株が堅調で、不動産デベロッパーのSMプライム・ホールディングス
は3.3%高、複合企業SMインベストメンツは4.9%高。
    ジャカルタ市場の総合株価指数は0.70%高の6418.234。金融株
が上昇し、バンク・セントラル・アジア(BBCA)は1.6%高。
    一方、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.28%
安の3347.95。消費者関連株が押し下げた。シンガポール航空は約0.
7%安。 クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.17%高の167
2.37。バンコク市場のSET指数は0.21%安の1727.98。ホーチ
ミン市場のVN指数は0.29%安の972.53。

    
    中国株式市場は上昇。第2・四半期の国内総生産(GDP)統計が市場予想と一致し
たほか、6月の小売売上高と鉱工業生産が予想を上回り、中国経済に幾分安定の兆しがみ
えてきたことを好感した。また前週急落したハイテク株が買い戻された。
    セクター別では、金融株が0.17%高、生活必需品株が
0.07%高、ヘルスケア株が0.35%高で、不動産株は0
.11%安だった。
    ハイテク株は2.32%高。前週は、中国版ナスダックと称される「科創
板」に上場する21社の新規株式公開(IPO)に資金がシフトした影響でさえない動き
だった。
    申萬宏源証券のディレクター、ゲリー・アルフォンソ氏は「きょうのマクロデータを
踏まえると、前週のハイテク株の厳しいパフォーマンスは行き過ぎだった」と指摘した。
    中国人民銀行(中央銀行)が銀行向け中期貸し出し、中期貸出制度(MLF)で、こ
の日償還の1885億元を事実上ロールオーバーし、さらに115億元を上積みした20
00億元を貸し出したことが、金融市場に安心感を与えた。
    ウェストパック(シンガポール)のマクロ戦略責任者、フランシス・チュング氏は「
ロールオーバー自体は、必要に応じて人民銀行が流動性を供給するという、われわれの見
方を裏付けるものだ」と述べた。
    
    香港株式市場も上昇。中国の一連の経済指標を受け、安心感が広がった。
    セクター別では、IT株が1.37%高。エネルギー株も0.1
%上昇する一方、金融株が0.01%安、不動産株は0.28%下落した
。
    
    
    ソウル株式市場は反落した。この日は中国の国内総生産(GDP)統計が発表された
ものの、第2四半期の企業業績や不安定な韓国経済をめぐる懸念が重しとなった。
    投資家らは今月の第2四半期決算の発表を控えて、慎重姿勢を維持した。SKハイニ
ックスは25日、サムスン電子は31日に発表する。
    外国人は142億ウォン(約1204万ドル)相当の買い越し。
    出来高は4億5508万株。取引された896銘柄のうち、上昇は185銘柄。
    
     
    シドニー株式市場は続落した。金融株が下落を主導したが、部分的に堅調だった中国
指標を好感して鉱業株は上昇した。
    S&P/ASX200指数は一時は0.9%下落した。
    中国国家統計局が15日発表した4─6月期の国内総生産(GDP)は前年同期比6
.2%増と市場予想と一致したが、少なくとも27年ぶりの低い伸びとなった。6月の鉱
工業生産と小売売上高は予想を上回った。
    鉱業株指数は0.3%高。鉄鉱石相場高も支援材料となった。リオ・ティン
トは0.4%高、BHPグループは0.1%高。
    ただ、金融株が鉱業株の上昇を相殺した。金融株指数は0.8%安。資産運
用最大手AMPは約16%安と下落率トップで、過去最安値を付けた。同社は生
命保険事業などの売却を現在の条件で進められる可能性は低いと明らかにした。AMPは
中間配当も見送った。
    

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below