for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア株式市場サマリー:引け(16日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [16日 ロイター] - 
                                     終値    前日比      %       始値       高値       安値  コード
        中国  上海総合指数      3336.3582   + 4.1750  + 0.13  3334.4568  3348.9543  3319.1100         
              前営業日終値       3332.1832                                                     
        中国  CSI300指数    4791.676    -7.060   -0.15   4798.916   4825.552   4765.967           
              前営業日終値        4798.736                                                     
        香港  ハンセン指数        24386.79   +228.25   +0.94   24194.41   24456.97   24194.41        
              前営業日終値        24158.54                                                     
        香港  ハンセン中国株指     9914.90   +152.62   +1.56    9793.67    9948.43    9793.67         
              数                                                                               
              前営業日終値         9762.28                                                     
        韓国  総合株価指数         2341.53    -19.68   -0.83    2363.88    2370.73    2325.03         
              前営業日終値         2361.21                                                     
        台湾  加権指数            12750.37    -77.45   -0.60   12814.16   12896.30   12750.37         
              前営業日終値        12827.82                                                     
          豪  S&P/ASX指     6176.80    -33.50   -0.54    6210.30    6216.20    6165.00         
              数                                                                               
              前営業日終値         6210.30                                                     
  シンガポー  ST指数             2533.02     +9.40   +0.37    2530.38    2545.16    2526.86        
          ル                                                                                   
              前営業日終値         2523.62                                                     
  マレーシア  総合株価指数         1503.84    -10.11   -0.67    1519.33    1520.31    1503.84         
              前営業日終値         1513.95                                                     
  インドネシ  総合株価指数        5103.414    -1.736   -0.03   5111.434   5115.558    5067.59         
          ア                                                                                   
              前営業日終値        5105.150                                                     
  フィリピン  総合株価指数         5898.47    -39.86   -0.67    5921.34    5939.62    5898.47        
              前営業日終値         5938.33                                                     
    ベトナム  VN指数              943.30     +0.54   +0.06     944.03     946.23     935.98        
              前営業日終値          942.76                                                     
        タイ  SET指数           1233.68     -9.28   -0.75    1245.40    1247.89    1226.95         
              前営業日終値         1242.96                                                     
      インド  SENSEX指数    39982.98   +254.57   +0.64   39936.61   40125.71   39699.42          
              前営業日終値        39728.41                                                     
      インド  NSE指数          11762.45    +82.10   +0.70   11727.40   11789.75   11667.85         
              前営業日終値        11680.35                                                     
 

    東南アジア株式市場の株価は、大半の市場が下落した。新型コロナウイルスの感染再拡大や、米景気刺
激策成立に向けた動きの停滞が、世界的に投資家心理を損ねた。一方シンガポール市場は同国の輸出増加に
幾分支援された。
    今週は、注目されている新型コロナワクチンの治験が中断したとの報がセンチメントを悪化させた。マ
レーシアにおける政治対立やタイでの反政府運動も、この地域の高リスク資産から投資家を遠ざけた。
    バンコク市場のSET指数は0.75%安の1233.68で終了した。週間ベースで2%超の下落と
なった。
    タイでは1万人以上の反政府運動参加者が、5人以上の集会禁止などの緊急措置に従わず、集会に参加
した。プラユット首相は16日、辞任を否定した。
    タイでは首相退陣、憲法改正、王室改革を求める抗議運動が3カ月間続いており、タイ経済は打撃を受
けている。
    イーストスプリング・インベストメンツのポートフォリオマネジャーは、市場はタイの状況を注視する
と予想。緊急措置が現地の移動や活動の傾向に与える影響が特に注目されるとした。「もし小売店舗、レス
トランの営業が緊急措置で大きな影響を受ければ、市場は観光活動への既に低い期待に加えて、ファンダメ
ンタルズ(経済の基礎的条件)の一層の弱体化を織り込み始めるかもしれない」と語った。
    ジャカルタ市場の総合株価指数は0.03%安の5103.414で引けた。インドネシアは前日、東
南アジアにおける新型コロナの感染者数でフィリピンを抜いてトップに立った。
    シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.37%高の2533.02で終了した
。一時は0.9%高となったが、上げ幅を縮小した。
    エンタープライズ・シンガポール(シンガポール企業庁)が16日発表した9月の貿易統計によると、
主要指標の非石油製品輸出(NODX)は前年同月比5.9%増加した。4カ月連続のプラスで、主力のエ
レクトロニクス(電子製品)の輸出が大幅に増加したことが貢献した。
    特に値上がりした銘柄はウィルマー・インターナショナル(2.98%高)、揚子江船業ホールディン
グス(2.11%高)。
    マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.67%安の5898.47で引けた。
    特に値下がりしたのは、ピュアゴールド・プライス・クラブ(4.39%安)、アボイティズ・エクイ
ティー・ベンチャーズ(4.13%安)、JGサミット・ホールディングス(3.24%安)。
    クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.67%安の1503.84で取引を終えた。
    
    
    中国株式市場はほぼ変わらずで引けた。ただ、追加の政策支援や中国経済の回復を示す好調な指標を背
景に週間ベースでは上昇した。
    ハイテク銘柄の多い深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板(チャイネクスト)」指数は
0.5%安。上海証券取引所の新興ハイテク企業向け株式市場「科創板」の科創板50指数は1
.1%下落した。
    週間ベースでみると、CSI300指数は2.4%高で3週連続の上昇。上海総合指数は2%高。
    
    香港市場は反発。
    ハンセン指数は週間では1.1%上昇。ハンセン中国企業株指数(H株指数)は週間で
3.1%上昇した。
    ハンセン指数とハンセン中国企業株指数は、ともに3週続伸となった。
    金融株が1.9%高となり、全体相場の上昇を主導した。
    
    
    ソウル株式市場は4営業日続落で引けた。週間ベースでは3週間ぶりの大幅下落となった。欧州と米国
で新型コロナウイルスの感染が再拡大していることや、米景気刺激策期待の後退が、センチメントに打撃を
与えた。
    総合株価指数(KOSPI)は今週を通じては2.1%安。
    キウム証券のアナリスト、セオ・サンヤン氏によると、新型コロナの感染第2波が米国と欧州で景気回
復を妨げうるとの懸念から、株価は午後の取引で大きく下げた。
    個別銘柄ではサムスン電子が0.83%安、SKハイニックスは2.07%安
。
    外国人投資家は1731億ウォン相当の売り越し。

    
    シドニー株式市場は反落して引けた。リオ・ティントが中国以外での鉄鋼生産について懸念を
示したことを受けて、鉱業株が株価全般を押し下げた。欧州での新型コロナウイルス感染の再拡大がセンチ
メントに打撃を与えている。
    S&P/ASX200指数は今週を通じては1.2%高となり、週間ベースで2週続伸。
    鉄鉱石世界最大手のリオ・ティントは0.9%安。同社はこの日発表した四半期生産報告で、中国以外
での鉄鋼生産が依然として前年に比べ大幅に少ない水準にあるとの認識を示した。また、新型コロナの感染
再拡大が世界経済成長をリスクにさらしていると警鐘を鳴らした。
    鉱業株指数は0.6%安。主要銘柄のBHPグループは1.4%安で引けた。
    米景気刺激策をめぐる協議が停滞し、欧州での新型コロナ感染増を受けて一部の国々で夜間外出禁止や
ロックダウン(都市封鎖)が復活する中、アジア株も値下がりした。
    コムセックの市場アナリスト、ジェームズ・タオ氏は「特に欧州で新型コロナ感染数の大幅増が引き続
き見られる。そして今、幾つかの欧州諸国で新たな規制の実施が決まり、これも懸念材料だ」と指摘。「現
時点でリスクは多く、ボラティリティーは高い。このため投資家は機会があれば利益を確定しようとしてい
る」と説明した。
    豪エネルギー株指数は原油相場下落に追随し、1%安。主要銘柄サントスは2%安、
オイル・サーチは3%下げた。
    ヘルスケア株指数は0.7%安。CSL(0.7%安)に押し下げられた。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up