September 17, 2019 / 7:39 AM / in a month

アジア株式市場サマリー:引け(17日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [17日 ロイター] - 
                                  終値     前日比      %       始値       高値       安値  コード
       中国  上海総合指数     2978.1178  - 52.6366  - 1.74  3023.7109  3023.7109  2970.5704         
                                                                                             
             前営業日終値     3030.7544                                                      
       中国  CSI300指    3891.221    -66.495   -1.68   3947.158   3947.158   3879.485           
             数                                                                              
             前営業日終値      3957.715                                                      
       香港  ハンセン指数      26790.24    -334.31   -1.23   26942.96   26951.84   26694.37        
             前営業日終値      27124.55                                                      
       香港  ハンセン中国株    10502.37    -125.88   -1.18   10563.51   10572.05   10458.46         
             指数                                                                            
             前営業日終値      10628.25                                                      
       韓国  総合株価指数       2062.33      +0.11   +0.01    2058.72    2066.33    2055.17         
             前営業日終値       2062.22                                                      
       台湾  加権指数          10874.50     -23.63   -0.22   10908.85   10912.23   10866.43         
             前営業日終値      10898.13                                                      
         豪  S&P/ASX     6695.30     +21.80   +0.33    6673.50    6695.30    6649.10         
             指数                                                                            
             前営業日終値       6673.50                                                      
 シンガポー  ST指数           3183.00     -20.93   -0.65    3206.32    3206.85    3180.65        
         ル                                                                                  
             前営業日終値       3203.93                                                      
 マレーシア  総合株価指数       1604.30      +3.05   +0.19    1609.92    1609.97    1597.09         
             前営業日終値       1601.25                                                      
 インドネシ  総合株価指数      6236.690    +17.255   +0.28   6215.237   6240.348    6205.30         
         ア                                                                                  
             前営業日終値      6219.435                                                      
 フィリピン  総合株価指数       7932.23     -64.67   -0.81    7969.67    7969.67    7910.25        
             前営業日終値       7996.90                                                      
   ベトナム  VN指数            996.74      +6.88   +0.70     990.06     996.74     986.96        
             前営業日終値        989.86                                                      
       タイ  SET指数         1663.93      +1.00   +0.06    1661.59    1670.62    1659.14         
             前営業日終値       1662.93                                                      
     インド  SENSEX指    36481.09    -642.22   -1.73   37169.46   37169.56   36419.09          
             数                                                                              
             前営業日終値      37123.31                                                      
     インド  NSE指数        10817.60    -185.90   -1.69   11000.10   11000.10   10796.50         
             前営業日終値      11003.50                                                      
 
    
    中国株式市場は続落。景気下押し圧力を示す経済指標が発表されたにもかかわらず、中国人民銀行が主
要短期金利を据え置いたことに失望感が広がった。
    人民銀行は17日、1年物の中期貸出ファシリティー(MLF)を一部ロールオーバーする一方で金利
は据え置いた。減速する経済の支援に向け、潤沢な流動性を維持するものの、過度な景気刺激を警戒してい
ることをうかがわせ、アナリストは慎重な動きと受け止めた。
    それでもなお、人民銀行が今週も支援策を加速させるとの見方が多い。
    ウェストパックのフランシス・チュン氏は、「人民銀行は、預金準備率引き下げが十分な流動性を市場
に供給している、とみている可能性がある」と指摘。「MLF金利が据え置かれたからといって、ローンプ
ライムレート(LPR)が低下しない、というわけではない。MLFとのスプレッドや、預金準備率引き下
げを背景とする資金調達コストの低下を考えると、LPRに低下余地がある」との見方を示した。
    市場は米中貿易交渉の行方に注目している。
    米通商代表部(USTR)は16日、米中貿易交渉の次官級協議を19日からワシントンで開催すると
発表した。
    ハイテク株主導でほぼ全面安となった。新興ハイテク銘柄が多いチャイネクストは2.1%安。
    華創証券のアナリスト、ゾウ・ロンガン氏は「建国70周年が近づくに連れて、投資家は政策変更に一
段と敏感となり、(政府が産業振興策をとっている)ハイテク株のように大きく上昇してきたセクターは利
食い売りを浴びる可能性がある」と述べた。
    不動産指数は1.21%下落。8月の主要70都市の新築住宅価格が2月以来の低い伸び
にとどまったことが重しとなった。
    
    香港株式市場も続落して終了。格付け会社ムーディーズが香港の格付け見通しを「安定的」から「ネガ
ティブ」に変更したことが重しとなった。「Aa2」格付けは維持した。
    香港政府トップの林鄭月娥行政長官は17日、市民との対話に直接関与すると表明、来週から対話を開
始する方針を示した。一方で、香港で続いている暴力行為は停止する必要があると改めて述べた。[nL3N268
10R]
    
    
    ソウル株式市場は、前日比ほぼ変わらずで引けた。原油相場の急騰が世界経済成長を一段と減速させる
可能性が懸念された。
    KTB投資証券のアナリストは、貿易依存度の高い韓国経済は米国ほど原油相場に左右されないが、間
接的な影響があるかもしれないと述べた。
    原油に敏感な銘柄が下げ、大韓航空は0.6%安、アシアナ航空は1.8%安
。
    韓国で初のアフリカ豚コレラ発生が発表されたことを受けて、動物用医薬品や動物飼料のメーカーの株
価が急伸した。
    水産加工食品メーカー株が上伸。16日にウィーンで開かれた国際原子力機関(IAEA)年次総会で
韓国が東京電力福島第1原発から出る放射性物質を含む処理水について言及したことが材料視された。
    外国人投資家は805億ウォン(約6763万ドル)相当の売り越し。

    
    シドニー株式市場は続伸して引けた。ヘルスケア株が株価全般の上昇を主導した。オーストラリア準備
銀行(RBA、中央銀行)の9月政策会合の議事録でRBAが追加利下げを排除しない姿勢であることが確
認され、S&P/ASX200指数はこの日の下落から値を戻した。
    きょうの取引の大半は、サウジアラビアの石油施設攻撃を受けた中東情勢緊迫化をめぐる不透明感に圧
迫された。
    金融市場は年末までの0.75%への利下げ、2020年前半までの0.5%への利下げを、完全に織
り込んでいる。
    ヘルスケア株指数は1%余り値上がりし、業種別で上昇率トップ。主要銘柄のCSL
は2%近く上伸。同社は海外でも収益を上げるため、豪ドル安の恩恵を受ける。
    原油価格急騰を背景としたエネルギー株の上昇は幾分落ち着いた。
    金融株指数はRBA議事録を好感し0.5%高。4大銀行のうち3行がプラス圏。 
    一方で鉱業株指数が約1%下げ、S&P/ASX200指数の上げ幅を抑えた。中国経済の減
速拡大を示す統計を材料に鉄鉱石と鉄鋼の価格が下落したことが響いた。BHPグループとリオ・
ティントはそれぞれ約1.5%安で終了した。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below