July 19, 2019 / 6:59 AM / a month ago

アジア株式市場サマリー:引け(19日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [19日 ロイター] - 
                                      終値     前日比       %        始値        高値       安値  コード
        中国  上海総合指数       2924.2006   + 23.0240   + 0.79   2909.6794   2939.5973  2909.6794         
              前営業日終値        2901.1766                                                         
        中国  CSI300指数     3807.955    +39.553    +1.05    3787.508    3828.151   3787.508           
              前営業日終値         3768.402                                                         
        香港  ハンセン指数         28765.40    +303.74    +1.07    28585.15    28809.59   28551.20        
              前営業日終値         28461.66                                                         
        香港  ハンセン中国株指     10909.41    +124.86    +1.16    10851.73    10947.00   10843.09         
              数                                                                                    
              前営業日終値         10784.55                                                         
        韓国  総合株価指数          2094.36     +27.81    +1.35     2080.21     2096.73    2076.51         
              前営業日終値          2066.55                                                         
        台湾  加権指数             10873.19     +73.91    +0.68    10861.99    10919.96   10861.99         
              前営業日終値         10799.28                                                         
          豪  S&P/ASX指      6700.30     +51.20    +0.77     6649.10     6705.40    6646.60         
              数                                                                                    
              前営業日終値          6649.10                                                         
  シンガポー  ST指数              3377.96     +16.91    +0.50     3368.39     3379.50    3365.60        
          ル                                                                                        
              前営業日終値          3361.05                                                         
  マレーシア  総合株価指数          1658.19      +9.26    +0.56     1649.55     1658.94    1649.55         
              前営業日終値          1648.93                                                         
  インドネシ  総合株価指数         6456.539    +53.245    +0.83    6417.443    6456.539    6417.44         
          ア                                                                                        
              前営業日終値         6403.294                                                         
  フィリピン  総合株価指数          8270.07     +12.02    +0.15     8280.23     8311.92    8264.56        
              前営業日終値          8258.05                                                         
    ベトナム  VN指数               982.34      +6.29    +0.64      978.12      986.12     978.12        
              前営業日終値           976.05                                                         
        タイ  SET指数            1735.10     +11.66    +0.68     1734.38     1738.70    1732.16         
              前営業日終値          1723.44                                                         
      インド  SENSEX指数     38337.01    -560.45    -1.44    39058.73    39058.73   38271.35          
              前営業日終値         38897.46                                                         
      インド  NSE指数           11419.25    -177.65    -1.53    11627.95    11640.35   11399.30         
              前営業日終値         11596.90                                                         
 
    東南アジア株式市場は、ジャカルタ市場が主導する形で全般に上伸した。米連邦準備理事会(FRB)
高官のハト派的な発言を受け、FRBが今月大規模な利下げに踏み切るとの見方が再燃。世界的に株高が広
がっていた。
    ジャカルタ市場の総合株価指数は、金融株と消費関連株主導で上伸し、週間では1.3%高。
    インドネシア中央銀行のペリー・ワルジヨ総裁は19日、企業決算や銀行の調査を含めた経済指標から
は、7─9月期のスタートに当たり、経済活動の改善が示されているとの見方を示した。
    バンコク市場のSET指数は0.68%高の1735.1で終了。週間でも9週連続の上昇と
なった。
    シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.50%高の3377.96で引
けた。金融株が指数を押し上げた。週間では0.6%高となり、マイナスだった前週から反発した。
    マニラ市場の主要株価指数PSEiの終値は0.15%高の8270.07。2週連続での上昇
となった。
    クアラルンプール市場の総合指数KLCIは0.56%高の1658.19で終了。ただ週間
では0.7%安となった。 ホーチミン市場のVN指数は0.64%高の982.34で終了した。
    
    中国・香港株式市場は上昇して引けた。米連邦準備理事会(FRB)高官の発言により月内の米利下げ
への期待が強まり、リスク志向が高まったことを受けた。
    米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は金利がゼロ近辺にある場合でも低インフレに対応するため早
期に刺激策を打つ必要があるとし、景気が悪化するまで待つべきではないという認識を示した。[nL4N24J49
0]
    これを受けて30─31日のFOMCで25ベーシスポイント(bp)の利下げはほぼ確実で、50b
pの引き下げもあり得るとの見方が広がった。
    ムニューシン米財務長官とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が中国側の高官らと電話会談
を行い、ムニューシン氏が対面での協議再開につながる可能性もあるとの認識を示したことも地合いの改善
につながった。
    また中国国家外為管理局の当局者が適格海外機関投資家(QFII)の投資枠の緩和や撤廃を検討する
と述べたことも追い風となった。
    
    週末19日のシドニー株式市場の株価は反発した。米連邦準備理事会(FRB)高官が、今月の利下げ
実施を事実上認める発言をしたことが支援材料となった。
    S&P/ASX200指数は前日は0.4%下落したが、週間では小幅上昇した。
    ニューヨーク連邦準備銀行のウィリアムズ総裁は18日の講演で、米経済の鈍化を阻止するため迅速に
対処することの重要性を強調し、経済的な大惨事が起こるまで、当局者が『万が一に備える』姿勢を維持す
るわけにはいかないと指摘した。
    4大銀行は0.9─2.2%上昇した。このうちナショナル・オーストラリア銀行(NAB)
は2.2%高と、約1年ぶりの高値を付けた。英ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)の経
営再建に貢献したロス・マキューアン氏が、NABの最高経営責任者(CEO)に任命されたことが好感さ
れた。
    レゾリュート・マイニングは7.1%高と2年超ぶりの高値を付けた。

    ソウル株式市場の株価は反発。米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁のハト派的な発言をきっかけに
、今月に大幅な利下げが実施されるとの期待感が強まった。日本と韓国の緊張激化の影響は限定的だった。
    KBセキュリティーズのアナリストは、米連邦準備理事会(FRB)がより大幅な利下げに踏み切れば
ドルが下落することになり、韓国株の短期的な押し上げ要因だと指摘。また日本と韓国の貿易摩擦は、それ
ほど影響しなかったと述べた。
    外国人投資家は1301億ウォン(1億1079万ドル)相当を買い越した。
    出来高は3億8610万株。取引された895銘柄のうち、660銘柄が上昇した。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below