March 20, 2020 / 9:49 AM / 4 months ago

アジア株式市場サマリー:引け(20日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [20日 ロイター] - 
                                終値     前日比      %       始値       高値       安値  コード
    中国  上海総合指数     2745.6182   + 43.4886  + 1.61  2727.0186  2751.8964  2702.4933         
          前営業日終値      2702.1296                                                      
    中国  CSI300指     3653.224    +64.131   +1.79   3629.513   3663.952   3588.777           
          数                                                                               
          前営業日終値       3589.093                                                      
    香港  ハンセン指数       22805.07  +1,095.94   +5.05   22147.34   22805.07   22147.34        
          前営業日終値       21709.13                                                      
    香港  ハンセン中国株      9118.67    +559.03   +6.53    8780.03    9126.88    8780.03         
          指数                                                                             
          前営業日終値        8559.64                                                      
    韓国  総合株価指数        1566.15    +108.51   +7.44    1498.49    1566.82    1466.48         
          前営業日終値        1457.64                                                      
    台湾  加権指数            9234.09    +552.75   +6.37    8816.86    9264.42    8816.86         
          前営業日終値        8681.34                                                      
      豪  S&P/ASX      4816.60     +33.70   +0.70    4782.90    5016.10    4782.90         
          指数                                                                             
          前営業日終値        4782.90                                                      
 
    中国株式市場は反発。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大の経済的打撃への懸念がくすぶり、週間で
は17カ月ぶりの大幅下落となった。
    週間では上海総合指数が4.9%下落、CSI300は6.2%安と2018年10
月以来の大幅下落となった。
    新型コロナが世界で猛威を振るい、各国は経済を下支えする措置を講じている。
    この日は中国人民銀行(中央銀行)が毎月発表する銀行貸出金利の指標、最優遇貸出金利(ローンプラ
イムレート、LPR)の発表日。市場では引き下げ予想が大勢だったが、予想に反して据え置いた。[nL4N2
BD0SO]
    銀河証券のアナリストは、株価水準が低いこと、中国当局の新型コロナ対策や政策措置を踏まえ、A株
市場の一段安のリスクは限られていると指摘した。    
    
    香港株式市場も他の市場に連れて大幅反発した。
    ただ週間ではハンセン指数が5.1%安、H株指数も5.5%下落した。
    
    
    ソウル株式市場は急反発、2008年以来11年超ぶりの大幅高で引けた。新型コロナウイルスのパン
デミック(世界的流行)の経済的打撃を和らげるために世界各地で大規模な景気刺激策が打ち出されている
ことが、株価を押し上げた。
    総合株価指数(KOSPI)の続落は7営業日で止まった。1日の上昇率としては08年12
月8日以来の大きさ。
    それでも総合株価指数は今週を通じては11.59%安。先週の13.17%安に続く大幅下落となっ
た。過去30営業日で計34.6%の急落となる。
    韓国取引所によると、きょうはKOSPI200先物が5%超上伸したことを受けて、総合株価
指数構成銘柄の取引が5分間停止した。
    外国人投資家は4266億ウォン(約3億4305万ドル)相当の売り越し。

    
    シドニー株式市場は反発。政府の景気刺激策第2弾への期待が、新型コロナウイルスへの懸念で打撃を
受けた市場に、幾分安心感をもたらした。
    それでもS&P/ASX200指数は週間ベースで13%安と、世界金融危機時の2008年
10月以来の大幅下落を記録した。16日に1987年以来の大幅安となったことが響いた。
    金融株指数は週間ベースで13.7%安。こちらも08年10月以来の大幅下落。20日は3
.6%高だった。4大銀行のうち3行はプラス圏で引けた。  
    オーストラリア政府は数日以内に景気刺激策第2弾を発表する公算が大きいと、関係筋がロイター通信
に明らかにした。豪準備銀行(RBA、中央銀行)は19日に政策金利引き下げと量的緩和策の導入を発表
したばかり。豪銀各行も支援に乗り出し、新型コロナウイルスの感染拡大によって打撃を受けている小規模
企業に対して返済を半年猶予する救済措置を打ち出した。  
    オーストラリア・ニュージーランド銀行のアナリストらは、これらの措置が「ある程度は経済的損害を
抑え、パンデミック(世界的流行)が過ぎた後により良い出発点をもたらすだろう」との認識を示した。そ
の一方で、これらの措置は豪経済の第2四半期の景気後退を防ぐには十分ではないと警告した。  
    豪エネルギー株指数は、週間ベースで08年の世界景気後退局面以来の大幅下落。ただきょう
は4.5%上昇した。トランプ米大統領がサウジアラビアとロシアとの間の原油価格戦争に介入する可能性
を示唆したことを受けて原油価格が上昇したことが背景。石油・ガス大手サントスは10.9%高
、オイル・サーチは15.3%急伸した。 
    ヘルスケア株指数は5.3%安。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below