for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア株式市場サマリー:引け(25日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [25日 ロイター] - 
                                      終値       前日比       %       始値           高値           安値  コード
       中国  上海総合指数        3585.0458     + 20.9659   + 0.59  3595.5424      3608.5568      3568.4735         
             前営業日終値         3564.0799                                                                 
       中国  CSI300指数      5469.558      +31.990    +0.59   5494.471       5527.630       5444.165           
             前営業日終値          5437.568                                                                 
       香港  ハンセン指数          30074.17      +355.93    +1.20   30174.22       30453.12       29833.05        
             前営業日終値          29718.24                                                                 
       香港  ハンセン中国株指数    11717.41      +207.68    +1.80   11684.82       11861.84       11583.77         
             前営業日終値          11509.73                                                                 
       韓国  総合株価指数           3099.69      +104.71    +3.50    3026.47        3099.80        3026.47         
             前営業日終値           2994.98                                                                 
       台湾  加権指数              16452.18      +239.65    +1.48   16376.80       16474.05       16322.27         
             前営業日終値          16212.53                                                                 
         豪  S&P/ASX指数     6834.00       +56.20    +0.83    6777.80        6857.30        6777.80         
             前営業日終値           6777.80                                                                 
 シンガポー  ST指数               2973.54       +48.96    +1.67    2951.03        2976.36        2949.62        
         ル 前営業日終値           2924.58                                                                 
 マレーシア  総合株価指数           1581.54       +23.99    +1.54    1566.90        1587.11        1565.77         
             前営業日終値           1557.55                                                                 
 インドネシ  総合株価指数          6289.646      +38.592    +0.62   6280.727       6309.758        6274.50         
         ア 前営業日終値          6251.054                                                                 
 フィリピン  総合株価指数              休場            -        -          -              -              -        
             前営業日終値                 -                                                                 
   ベトナム  VN指数               1165.43        +3.42    +0.29    1169.97        1169.97        1155.74        
             前営業日終値           1162.01                                                                 
       タイ  SET指数             1496.78        +5.67    +0.38    1508.82        1511.30        1494.36         
             前営業日終値           1491.11                                                                 
     インド  SENSEX指数      51039.31      +257.62    +0.51   51207.61       51386.12       50991.76          
             前営業日終値          50781.69                                                                 
     インド  NSE指数            15097.35      +115.35    +0.77   15079.85       15176.50       15065.35         
             前営業日終値          14982.00                                                                 
    
    東南アジア株式市場は軒並み上昇して引けた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が2日目の
議会証言で、当面は政策金利を据え置く方針を再確認し、米国債利回りの上昇やインフレをめぐる懸念を打
ち消した。
    パウエル議長はインフレ目標達成までに3年以上かかる可能性があると指摘。一方で、物価が上昇する
分野もあるだろうが、必ずしもインフレを招くことはなく、政策的な対応は必要ないとの見方を示した。
    デーリーFXのダニエル・ドゥブロフスキー氏は「投資家らの間では、インフレ期待の上昇で、中銀が
ハト派姿勢を部分的に巻き戻すかもしれないとの懸念が強まっていた。しかしFRBがハト派姿勢を維持し
たことで、株高の継続が容認されたと考えている」と述べた。
    クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは1.54%高の1581.54で終了。金融
最大手マラヤン・バンキング(メイバンク)や政府系複合企業サイム・ダービー、通信
大手アクシアタの堅調な業績や見通しの改善が好感された。
    バンコク市場のSET指数は0.38%高の1496.78。ジャカルタ市場の総合株価指数<
.JKSE>は0.62%高の6289.65。シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)
は1.67%高の2973.54。 
    マニラ市場は祝日のため休場だった。
    
    中国株式市場は、前日の急落から反発して取引を終えた。不動産株が大幅高となった。
    深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板(チャイネクスト)」総合指数は1.01%安。
    UBSグローバル・リサーチの中国戦略担当トップは「国内家計の株式に対する需要が当社の以前の強
気な予想を上回っているというのが、足元の顕著な変化だ。国内ミューチュアルファンドの設定額が記録的
な水準となっている」と指摘。
    同氏は基本シナリオでCSI300指数の年末終値の予想を5450から6100に引き上げた。国内
家計の株式に対する需要が、割高感や金融政策の中立化といった逆風を相殺する要因になっているという。
    中国の習近平国家主席が、農村部の貧困撲滅で「完全な勝利」を収めたと宣言したことも、市場心理を
若干改善させる要因となった。

    香港株式市場も反発。前日の9カ月ぶり大幅下落から切り返した。
    印紙税引き上げを消化したほか、米国株の上昇を好感した。    
    中信証券のストラテジストは、印紙税引き上げは目先マイナスだが、景気回復やニューエコノミー企業
の上場、米国に上場する中国企業のセカンダリー上場などが香港への資金流入をもたらし続けるとの見方を
示した。
    
    シドニー株式市場は反発して引けた。コモディティー(商品)相場が引き続き堅調で、エネルギーや鉱
業銘柄を押し上げた。オーストラリア国内の設備投資が予想を上回ったことも支援した。
    エネルギー株指数は原油価格が13カ月ぶりの高値に上昇したことを受けて1.6%上昇した
。米国で金融緩和政策が維持され、原油生産が減少するとの期待感が背景。
    ウッドサイド・ペトロリアムとサントスがそれぞれ2.7%と3%上昇した。
    豪統計局によると、2020年10ー12月期の新規民間設備投資額は前期比3%増と予想を上回った
。新型コロナウイルス流行下でも、企業は工場や機械への投資を拡大した。
    鉱業株指数は1.7%上昇で、鉄鉱石先物相場が世界的な需要回復期待から上昇したことが影
響した。また米連邦準備理事会(FRB)が景気の下支えを維持する姿勢を示唆したことから銅価格も急伸
した。
    BHPグループとリオ・ティントがそれぞれ3.3%高と1.9%高だった。
    金融株指数は0.7%高。四大銀行はいずれも0.5ー1.3%高だった。

    ソウル株式市場は反発し、約2カ月ぶりの大幅な上昇率で引けた。
    半導体大手サムスン電子とSKハイニックスがそれぞれ4.02%高と9.1
9%高。インターネット検索大手ネイバーは2.41%高、LG化学は3.49%
高だった。  
    外国人投資家は9684億ウォン(約8億7435万ドル)相当の買い越し。  
    出来高は12億5454万株。取引された911銘柄のうち、上昇は805銘柄だった。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up