July 31, 2019 / 7:03 AM / in 3 months

アジア株式市場サマリー:引け(31日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [31日 ロイター] - 
                                   終値     前日比      %        始値       高値         安値  コード
        中国  上海総合指数     2932.5058  - 19.8325  - 0.67   2944.3977  2944.3977    2926.4853         
                                                                                                 
              前営業日終値     2952.3383                                                         
        中国  CSI300指    3835.359    -34.959   -0.90    3856.745   3856.745     3830.091           
              数                                                                                 
              前営業日終値      3870.318                                                         
        香港  ハンセン指数      27777.75    -368.75   -1.31    27931.28   27939.72     27701.44        
              前営業日終値      28146.50                                                         
        香港  ハンセン中国株    10675.31    -143.04   -1.32    10720.82   10747.90     10653.50         
              指数                                                                               
              前営業日終値      10818.35                                                         
        韓国  総合株価指数       2024.55     -14.13   -0.69     2036.46    2041.16      2010.95         
              前営業日終値       2038.68                                                         
        台湾  加権指数          10823.81      -7.09   -0.07    10824.15   10835.80     10754.07         
              前営業日終値      10830.90                                                         
          豪  S&P/ASX     6812.60     -32.50   -0.47     6845.10    6845.10      6812.60         
              指数                                                                               
              前営業日終値       6845.10                                                         
  シンガポー  ST指数           3300.75     -49.79   -1.49     3359.92    3360.19      3299.89        
          ル                                                                                     
              前営業日終値       3350.54                                                         
  マレーシア  総合株価指数       1634.87      -7.82   -0.48     1640.92    1642.73      1626.32         
              前営業日終値       1642.69                                                         
  インドネシ  総合株価指数      6390.505    +13.509   +0.21    6362.109   6390.505      6349.00         
          ア                                                                                     
              前営業日終値      6376.996                                                         
  フィリピン  総合株価指数       8045.80    -104.66   -1.28     8142.16    8142.16      8023.45        
              前営業日終値       8150.46                                                         
    ベトナム  VN指数            991.66      +5.64   +0.57      986.00     993.40       982.64        
              前営業日終値        986.02                                                         
        タイ  SET指数         1711.97      +5.48   +0.32     1704.04    1716.05      1702.72         
              前営業日終値       1706.49                                                         
      インド  SENSEX指    37481.12     +83.88   +0.22    37257.55   37576.37     37128.26          
              数                                                                                 
              前営業日終値      37397.24                                                         
      インド  NSE指数        11118.00     +32.60   +0.29    11034.05   11145.30     10999.40         
              前営業日終値      11085.40                                                         
 
    東南アジア株式市場はまちまち。シンガポール市場とマニラ市場はそれぞれ1%超下
落。米中貿易協議が上海で再開されたものの、トランプ米大統領の脅しに対し、中国が報
復として米国批判をしたことが株価を押し下げた。米連邦準備制度理事会(FRB)の政
策決定を控えた警戒感も相場の重しとなった。
    シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は1.49%安の3
300.75。1カ月ぶりの安値を付けた。産業複合企業ジャーディン・マセソン・ホー
ルディングスが指数を構成する銘柄の中で最大の下げを記録した。
    マニラ市場の主要株価指数PSEiは、不動産株安で、1.28%下落し、8
045.8で引けた。2カ月超ぶりの安値水準。
    
    
    ソウル株式市場は反落した。トランプ米大統領の発言で貿易をめぐる中国との対立が
深まったことや、日本の対韓輸出規制で、低調な企業決算への懸念が強まった。
    総合株価指数(KOPSI)は月間ベースでは今月、約5%安となった。
    DSインベストメント&セキュリティーズのアナリストは、安値拾いの買いが少し入
り、序盤の下げ幅を縮めたと話した。一方、同氏は、市場では企業決算に対する期待は低
く、投資家心理は悪化したとの見方も示した。
    トランプ大統領は30日、中国が自身の1期目の任期が終わるまで貿易協議を合意な
しでやり過ごそうとしていると主張し、もし自分が2020年11月に再選されれば協議
の結果は中国にとって悪いものになるだろうと警告した。
    サムスン電子は、四半期決算で利益が大幅に減少したことを受け、2.
6%安となった。過剰供給で半導体価格が下落したことが響いた。
    LGディスプレーは6億8780万ドル相当の転換社債を発行すると発
表し、過去最安値近辺で終了した。

    
    中国株式市場は反落した。トランプ米大統領が通商問題を巡って中国に警告を発した
ことが重しとなった。また、中国指導部が不動産市場を活用せずに消費拡大を推進する方
針を示したことを受けて、不動産株が売られた。
    トランプ大統領は30日、中国が通商協議を巡り自身の1期目の任期が終わるまで時
間稼ぎをしないよう警告。2020年11月の米大統領選で自分が再選すれば、通商協議
の行方はさらに厳しいものとなり、決裂する恐れもあるとの考えを示した。
    中国の不動産株が3%超下落した。中国共産党中央政治局は30日、需
要喚起など景気支援に向けた取り組みを強化するにあたり、不動産市場を活用した短期的
な刺激策は行わず、消費拡大や製造業分野の投資安定化を推進する方針を表明した。
    Chuancai Securitiesのアナリストはこの方針について、中国指導部が「消費を通じ
た経済成長の押し上げを望んでいることを示す。不動産や投資を刺激することは、現時点
では政策オプションではない」と解説した。
    
    香港株式市場も反落した。台風のため、取引は午後になって中断となり、通常より早
く終了した。
    取引中断時点の相場は、ハンセン中国企業株指数(H株指数)は143.0
4ポイント(1.32%)安の10675.31。ハンセン指数は368.75ポ
イント(1.31%)安の2万7777.75と、6月11日以来の安値だった。
    
    
    シドニー株式市場は反落。金融・建設関連銘柄が下げを主導。前日、株価指数が史上
最高値を付けたことを受け、利益確定売りが広がった。
    米中貿易交渉での新たな緊張や、米連邦準備理事会(FRB)によるこの日の金融政
策決定を控えた警戒感が、リスク資産への投資意欲をそいだ。
    S&P/ASX200指数は今月は2.9%高となり、7カ月連続で上昇した。
    銀行株は下落。
   上海で再開された米中貿易協議に関し、トランプ米大統領が中国を脅したことも投資
家心理に悪影響を及ぼした。
    建設株は大幅安。建設大手アデレード・ブライトンが低調な今年度決算を示
唆し、中間配当を取りやめたことが背景。同社の株価は約18%急落した。
    一方、原油高がエネルギー株を9営業日連続で支援した。エネルギー株指数は今月、
1.7%上昇。

    

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below