for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア株式市場サマリー:引け(6日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [6日 ロイター] - 
                                 終値     前日比      %        始値       高値       安値  コード
    中国  上海総合指数      2878.1402   + 18.0580  + 0.63   2831.6326  2879.2634  2830.6536         
          前営業日終値       2860.0822                                                       
    中国  CSI300指数    3936.254    +23.677   +0.61    3867.259   3937.691   3865.988           
          前営業日終値        3912.577                                                       
    香港  ハンセン指数        24137.48    +268.82   +1.13    23868.02   24235.03   23868.02        
          前営業日終値        23868.66                                                       
    香港  ハンセン中国株指     9807.76    +109.54   +1.13     9699.81    9849.75    9699.81         
          数                                                                                 
          前営業日終値         9698.22                                                       
    韓国  総合株価指数         1928.76     +33.39   +1.76     1919.45    1928.76    1902.55         
          前営業日終値         1895.37                                                       
    台湾  加権指数            10774.98      +0.37    0.00    10771.09   10828.73   10708.10         
          前営業日終値        10774.61                                                       
      豪  S&P/ASX指     5384.60     -22.50   -0.42     5407.10    5408.60    5345.00         
          数                                                                                 
          前営業日終値         5407.10                                                       
 
    東南アジア株式市場の株価は薄商いの中、大半が下落して引けた。低調な経済指標で
リスク選好意欲が減退した。一方、ホーチミン市場は1カ月超ぶりの大幅高となった。
    ホーチミン市場のVN指数は2.41%高の782.59で終了。ベトナムの
グエン・スアン・フック首相は5日、同国は今年の経済成長を国際通貨基金(IMF)の
予想を上回る5%以上に維持するよう取り組むと表明した。ベトナムでは新型コロナウイ
ルス感染拡大を受け都市封鎖された後、経済活動を再開している。
    クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.91%安の1376.
93となり、域内株の下げを主導した。取引時間中の大半は前日比横ばいで推移していた
が、取引終了直前に下落した。
    マレーシアのパーム油生産最大手サイム・ダービーが3%安、ゴム手袋製
造のハータレガ・ホールディングスが2.2%安。
    マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.57%安の5639.27。RCB
Cセキュリティーズの調査アナリストは、アヤラ・コープやアヤラ・ランド<ALI.
PS>、メトロ・パシフィック・インベストメンツが利益確定売りに押され、全体
の指数の重しとなったとの見方を示した。
    3月の輸出入データが大幅に悪化したことも投資家心理を冷やした。
    ジャカルタ市場の総合株価指数は0.46%安の4608.79。インドネ
シアの4月の消費者信頼感指数が12年ぶりの低水準に落ち込んだことが嫌気された。
    シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.75%高の2
591.6。シンガポール航空が5.7%高となり、約2カ月ぶり高値を付け
た。
    バンコク市場は祝日のため休場。    
    
    
    連休明けの中国株式市場は上昇。新型コロナウイルスの発生源を巡る米中関係の緊張
はあまり影響せず、投資家は全国人民代表大会(全人代)を控え、追加の景気支援措置を
待っている。
    連休中に、新型コロナの発生源を巡り米中の緊張が高まったが、相場への影響は限定
的だった。中原証券のアナリストによると、米国では新型コロナが蔓延し経済も深刻な打
撃を受けていることから、当面は対中関税などの措置に出ることはないと投資家が予想し
ているという。
    主要インフラ関連株が上昇。中国政府が4月30日、民間の貯蓄や資金をインフラ整
備プロジェクトに呼び込む狙いで、国内初の不動産投資信託(REIT)の市場創設画を
発表したことが材料。

    香港株式市場は続伸。米中貿易戦争への懸念が再燃する中、この日の人民元の対ドル
基準値が概ね中立な水準と受け止められ、安心感が広がったという。

    
    ソウル株式市場は反発して引けた。米中間の対立が懸念されたものの、複数の国が新
型コロナウイルスの感染拡大に伴う封鎖措置を緩和し、経済活動を徐々に再開する決定を
したことで投資家心理が上向いた。
    イタリアや米国は今週、封鎖措置を緩和。韓国も社会的距離の規制を緩め、企業活動
の段階的な再開を許可した。
    サムスン電子は1.44%高。贈賄罪に問われた李在鎔・副会長はこの
日、問題となっている継承計画について謝罪し、経営権を自分の子どもには渡さず、一族
経営から脱する方針を示した。
    外国人投資家は3087億ウォン(約2億5261万ドル)相当の売り越し。
    出来高は10億6364万株。取引された896銘柄のうち、694銘柄が上昇した
。

    
    シドニー株式市場は反落して引けた。前日まで2日連続で上昇した後、利益確定売り
が出た。銀行株が下げを主導した。
    新型コロナウイルスの感染拡大に伴う封鎖措置が緩和されたことを背景に、S&P/
ASX200指数は前日までの2日間で3%超上昇していた。
    金融株指数は1.1%下落。4大銀行は0.8%─2.4%安だった。
    オーストラリアの大手銀は、同国の30年ぶりとなる景気後退で信用悪化に伴う減損
費用が計170億豪ドル(109億6000万ドル)を超えると警告したが、アナリスト
らは損失額はさらに膨らみ、この2倍以上になる可能性もあると予想している。
    この日発表された3月の小売売上高は、パニック買いを背景に過去最大の伸びとなっ
た。
    ただ、マーカストゥデー・フィナンシャルの上級アナリスト、ヘンリー・ジェニング
ス氏は「今後公表される4月からの統計で、新型コロナによる打撃の全体像が示されるだ
ろう」と話した。
    新型コロナの感染拡大に伴う規制措置や多くの企業の閉鎖で、4月の小売売上高は大
幅に落ち込むと予想されている。
    ジェニングス氏は「企業側は経済状況について警告しているが、政府統計はまだ追い
付いていない。一部の投資家は、統計が出る前に利益を確定しているようだ」とみていた
。
    鉱業株指数も下落。リオ・ティントやBHPグループはと
もに0.9%安となった。
    一方、エネルギー株指数は、原油高を受け小幅に上昇して引けた。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up