July 13, 2020 / 5:56 AM / 25 days ago

アジア通貨動向(13日)=韓国ウォン上昇、米企業決算や中国指標に期待

[13日 ロイター] - アジア新興国通貨市場では韓国ウォンが一時約0.3%上昇。米企業決算や、今週発表される第2・四半期国内総生産(GDP)などの中国経済指標への期待が背景。

みずほ銀行のアナリストは「中国の第2・四半期GDPはプラスを回復する見込みだ。これは第2・四半期が底と予想される世界経済とは対照的だ」と指摘した。

フィリピンペソは1ドル=49.4ペソ付近。

インドネシアルピアは、今週の中銀の政策決定を控えて狭いレンジ取引。

インドネシア中銀は6月に今年3回目となる利下げを決定、政府財政を支えるため財政ファイナンスと呼ばれる国債引き受けも行う。

IGアジアの市場ストラテジスト、ジンギ・パン氏は「年内にさらに25ベーシスポイント(bp)の利下げが予想される。中銀にはそのタイミングを見極める余地がある」と述べた。

ゴールドマン・サックスのアナリストは韓国銀行(中銀)が今週、政策金利を据え置くと予想している。同中銀は5月に25bp利下げした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below