for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(27日)=総じて下落、バーツは原油高を嫌気

[27日 ロイター] - アジア新興国通貨はタイバーツ主導で総じて下落。インフレ高進で米利上げが予想より早く実施されるとの見方が台頭し、米2年債利回りは1年7カ月ぶりの高水準を付けた。

バーツは0.5%下落。9月の製造業生産指数は市場予想より小幅な低下にとどまったが、原油高に圧迫されている。

メイバンクはノートで、タイが原油の純輸入国のため、国際石油価格の上昇は同国の経常赤字を拡大させる可能性があると指摘した。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up