July 9, 2020 / 5:39 AM / a month ago

アジア通貨動向(9日)=強含み横ばい、元が上昇

[9日 ロイター] - アジア通貨は総じて強含み横ばい。前日のドルは下落した。人民元は3月中旬以来の高値に値上がりしている。

中国では財政刺激策や政府の借り入れを背景に債券利回りが上昇。中国国営メディアが国内経済のファンダメンタルズが良好との社説を掲載したことが最近の元の支援材料となっている。

米大統領選を控えていることや、香港国家安全維持法が施行されたことを受けて、市場では引き続き米中関係の緊張に注目が集まっている。

ブルームバーグは、トランプ米大統領の一部のアドバイザーが、香港ドルの米ドル連動(ペッグ)制を弱体化させる案を検討していたと報じたが、市場の反応は薄い。

中国の王毅国務委員兼外相は9日、米中は平和的共存の方法を共に模索し、「ポジティブなエネルギー」をもっと生み出すべきだと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below