April 22, 2018 / 10:37 PM / 6 months ago

アルジェリア国営石油CEO、現在の国際原油価格は「適正」水準

[アルジェ 22日 ロイター] - アルジェリア国営石油会社ソナトラックのカドゥール最高経営責任者(CEO)は22日、現在の国際原油価格は適正水準にあるとの認識を示した。アルジェリア国営通信APSが伝えた。

CEOは「原油は現在1バレル当たり75ドル程度で、(産油国は)適正価格だと考える」と述べた。そのうえで、原油価格が70─80ドルのレンジにとどまれば産油国と消費国双方にとって「好ましい」状況だと指摘した。アルジェリアは石油輸出国機構(OPEC)加盟国。

カドゥール氏はまた、「適正な環境を見いだす必要があり、現在がそのような状況だ」と述べ、現行価格が長く継続し、探査費の回収を後押しすることを願うと語った。

アルジェリアはエネルギー関連収入への依存度が高く、同収入は国家予算の60%、輸出収入の94%を占める。同国は2014年半ばの原油価格の下落を受けて、歳出を削減し、複数のインフラ事業を先送りしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below