Reuters logo
イオン、3―5月期は11%営業増益 GMSの赤字幅縮小などが寄与
2017年7月5日 / 07:00 / 5ヶ月後

イオン、3―5月期は11%営業増益 GMSの赤字幅縮小などが寄与

[東京 5日 ロイター] - イオンは5日、2017年3―5月期の連結営業利益が前年比11.4%増の366億円になったと発表した。第1・四半期としては、2年ぶりに過去最高を更新した。7事業中6事業で利益が改善した。

主力のGMS事業は、前年同期の102億円の営業赤字から67億円の赤字となり、7事業の中で最大の改善幅となった。ダイエーからの承継店舗の損益改善などが寄与した。

2018年2月期の連結営業収益は前年比1.1%増の8兆3000億円、営業利益は同5.6%増の1950億円の見通しを据え置いた。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト9人の営業利益予測の平均値は1988億円となっている。

同社は、5月の株主総会の際に、2020年2月期の連結営業収益を9兆5000億円、営業利益を2900億円とする目標を示した。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。 (清水律子)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below