March 8, 2018 / 6:54 AM / 5 months ago

インド株式市場・中盤=しっかり、米関税適用除外への期待感で

    [8日 ロイター] - 
    
 インド             日本時間15時26    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       33,187.81  + 154.72   + 0.47  33,244.52
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            33,033.09                              
                    日本時間15時41    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              10,205.25   + 51.05   + 0.50  10,216.25
 前営業日終値            10,154.20                              
 
    8日中盤のインド株式市場の株価はしっかり推移している。前日ま
で6営業日続落していたが、この日は、米国が一部主要貿易相手国につ
いて、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限措置の適用を除外する可能性への
期待からアジア株が上伸。これに追随した。
  MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は0.9
%高。
  0518GMT(現地時間午前10時48分、日本時間午後2時1
8分)時点でNSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で
構成)は0.12%高の1万0166.50。SENSEX指数(BS
E=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.15%高
の3万3082.95。
  資産管理会社サンクタム・ウェルスマネジメントのスニル・シャル
マ氏は「市場では、トランプ大統領が輸入制限措置についてより柔軟な
姿勢を取りそうだという安心感が広がっている」と指摘した。
  金融株が大きく上昇。ICICI銀行が1.4%高、住宅
金融大手ハウジング・デベロップメント・ファイナンス(HDFC)<H
DFC.NS>は1.5%高となっている。
  IT株も堅調で、ニフティIT株指数は0.6%高。イ
ンフォシスが1%上昇した。
  一方、ニフティ金属株指数は一時1.6%上昇した後、
下げに転じ1.1%安。アルミメーカーのヒンダルコ・インダストリー
ズが1.9%安となっている。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below