November 12, 2018 / 7:43 AM / a month ago

インド株式市場・中盤=ほぼ変わらず、IT株上昇も金融株が安い

    [12日 ロイター] - 
 インド            日本時間16時1    前日比      %      始値
                   7分                              
 SENSEX指数      35,104.18   - 54.37  - 0.15  35,287.4
                                                           9
 前営業日終値          35,158.55                            
                   日本時間16時1    前日比      %      始値
                   8分                              
 NSE指数<.NSEI      10,578.95    - 6.25  - 0.06  10,607.8
 >                                                         0
 前営業日終値          10,585.20                            
    
    週明け12日午前のインド株式市場はほぼ変わらず。ルピア安でI
T株が上昇したものの、金融株や自動車株の下落が上値を抑えた。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は
0631GMT(日本時間午後3時31分)時点で0.02%安の1万
0583.15。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に
上場する30銘柄で構成)は0.11%安の3万5121.57を付け
た。
    アジア各国市場では、中国での需要が弱まる兆候を背景に世界経済
の成長見通しに対する懸念が再燃し、株価が下落した。
    アナンド・ラティの株式アドバイザリー部門の責任者シッダルタ・
セダニ氏は、ノンバンク金融企業の流動性をめぐる不透明感や選挙、企
業業績が今後の相場を不安定にさせる要因になるとの見方を示した。
    ソフトウエアサービス大手、インフォシスは2.4%高
、同業のタタ・コンサルタンシー・サービスは1.4%高。
    一方、自動車のタタ・モーターズは一時3.4%安と1
週間ぶりの安値まで下落した。
    金融株も売り圧力にさらされた。ステート・バンク・オブ・インデ
ィアは1.6%安、ICICI銀行は1.1%安、
イエス銀行は3%安。




    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below