July 12, 2019 / 7:14 AM / 5 days ago

インド株式市場・中盤=ほぼ横ばい、米中貿易摩擦の懸念が再燃

    [12日 ロイター] - 
 インド             日本時間15時49    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       38,810.86   - 12.25   - 0.03  38,941.10
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            38,823.11                              
                    日本時間15時48    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              11,580.15    - 2.75   - 0.02  11,601.15
 前営業日終値            11,582.90                              
    
    12日中盤のインド株式市場の株価はほぼ横ばい。さえない値動きとなった他のアジ
ア各地の市場に足並みをそろえた。米中貿易摩擦を巡る懸念が再び生じ、様子見姿勢が広
がった。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0353GMT(
日本時間午後0時53分)時点で、0.05%高の1万1587.45。SENSEX指
数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.03%高の3万8
836.33。
    トランプ米大統領は11日ツイッターで、中国は米国から農産品を購入するという約
束を果たしていないと批判した。
    SMCグローバル・セキュリティーズのサウラブ・ジェイン氏は「米中の貿易戦争で
はあまり良いことは起こり得ず、トランプ大統領は発動した関税を撤回する公算は小さい
」と指摘した。
    ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)による利下げ観測は、幅広い市場で支援材料
となった。
    ニフティIT株指数は一時0.52%高。主要銘柄のインフォシス<INFY.
NS>がこの日は四半期決算の発表を控えて一時0.8%上昇した。 
    航空株のインターグローブ・アビエーションは一時2.55%高。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below