September 18, 2019 / 7:31 AM / in a month

インド株式市場・中盤=ほぼ横ばい、自動車株が安い

    [18日 ロイター] - 
    
 インド             日本時間16時9     前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       36,584.13  + 103.04   + 0.28  36,621.38
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            36,481.09                              
                    日本時間16時8     前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              10,846.80   + 29.20   + 0.27  10,872.80
 前営業日終値            10,817.60                              
 
    
    18日午前のインド株式市場はほぼ横ばい。需要拡大につながる減税への期待感がし
ぼんだことが自動車株に打撃を与え、原油相場の反転下落に伴う押し上げ効果を相殺した
。
    アジア各地の株式市場は、予想される米利下げを控えてほぼ横ばい。サウジアラビア
の石油関連施設が攻撃を受けたことを受け、投資家らは原油相場上昇の影響を見極めてい
る。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0456GMT(
日本時間午後1時56分)時点で、0.04%高の1万0822.3。SENSEX指数
(BSE=ボンベイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は0.16%高の3万653
6.74。
    コタク・セキュリティーズのバイス・プレジデントは「(インド)市場はサウジ情勢
を受けた地政学リスクによって、またインド国内では低迷する経済成長を押し上げること
ができる構造改革の欠如によって引き続き上値が抑えられている」と指摘した。
    複数のインド政府当局者によると、自動車・同部品に対する減税を検討している物品
サービス税(GST)委員会は、税収が大幅に減るとの調査報告を受けて、この減税を今
週承認しそうもないという。
    アイシャー・モーターズとマルチ・スズキはともに2%超安。ニ
フティ自動車株指数は1.4%安だった。
    石油販売銘柄は反転下落を受けて上伸した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below