October 1, 2019 / 6:56 AM / 18 days ago

インド株式市場・中盤=もみ合い、銀行・不動産株が安い

    [ベンガルール 1日 ロイター] - 
 インド                 日本時間15時34    前日比       %       始値
                        分                                 
 SENSEX指数<.BSE       38,740.76   + 73.43   + 0.19  38,813.48
 SN>                                                       
 前営業日終値                38,667.33                              
                        日本時間15時33    前日比       %       始値
                        分                                 
 NSE指数                  11,493.45   + 19.00   + 0.17  11,515.40
 前営業日終値                11,474.45                              
 
    1日中盤のインド株式市場の株価は不安定な値動きが続く中を小幅高。銀行や不動産
関連銘柄でネガティブなニュースが相次ぐ一方、インド政府は複数の国営企業の民営化を
提案。投資家らは影響を見定めようとして、相場は激しい値動きとなった。
    高寄りした後、間もなくマイナス圏に沈んだものの、その後再び上昇。0513GM
T(日本時間午後2時13分)時点では、NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する
50銘柄で構成)は0.07%高の1万1483.30ポイント。SENSEX
指数(BSE=ボンベイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)        は0.06%高
の3万8689.04。
    アナリストらはPMC銀行の深刻な不良債権問題とインディアブルズ・ハウジング・
ファイナンスに浮上した不正行為疑惑が市場心理を悪化させたと指摘した。
    ニフティ不動産株指数とニフティ民間銀行株指数はそれぞ
れ1.28%安と0.45%安。
    一方、国営石油会社バーラト・ペトロリアムは5.4%高。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below