June 5, 2018 / 7:50 AM / 5 months ago

インド株式市場・中盤=ジリ安、中銀の金融政策会合を控え警戒感

    [5日 ロイター] -    
 インド                 日本時間16時33    前日比      %       始値
                        分                                
 SENSEX指数<.BSE       34,975.27   - 36.62  - 0.10  35,029.45
 SN>                                                      
 前営業日終値                35,011.89                             
                        日本時間16時48    前日比      %       始値
                        分                                
 NSE指数                  10,595.25   - 33.25  - 0.31  10,630.70
 前営業日終値                10,628.50                             
 
    中盤のインド株式市場は、インド準備銀行(中央銀行、RBI)の金融政策会合を控
えて警戒感が広がる中、ジリ安となっている。
    0701GMT(日本時間午後4時01分)時点で、NSE指数(ナショナル証券取
引所に上場する50銘柄で構成)は0.27%安の1万0600.30、SEN
SEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)        は0.
18%安の3万4948.53。
    日経・IHSマークイットが発表した5月のインドのサービス部門購買担当者景気指
数(PMI)が49.6%に低下。低調な新規受注を背景に、景況感が3カ月ぶりに悪化
したことも地合いを弱めた。
    アリハント・キャピタル・マーケッツのアニタ・ガンジー氏は「サービス部門PMI
が(好不況の分かれ目となる)50を割り込んだ。これは、輸出主導の業界の成長がある
程度減速することを意味する」と分析した。
    建設・エンジニアリング系複合企業のラーセン・アンド・トウブロ(L&T)<LART.
NS>は約2%安、インフォシスは1.3%安。
    リライアンス・コミュニケーションズは、事業の再構築が完了するまで非
転換社債の利払いを見送ると発表し6%安。 
    バイオコンは6.4%高で最高値を更新した。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below