March 11, 2019 / 6:28 AM / 12 days ago

インド株式市場・中盤=一時6カ月ぶり高値、現政権の総選挙勝利に期待感

    [11日 ロイター] - 
 インド                 日本時間15時2    前日比        %       始値
                        分                                 
 SENSEX指数<.BSE      36,985.42  + 313.99    + 0.86  36,741.57
 SN>                                                       
 前営業日終値               36,671.43                               
                        日本時間15時1    前日比        %       始値
                        分                                 
 NSE指数                 11,148.45  + 113.05    + 1.02  11,068.75
 前営業日終値               11,035.40                               
 
    週明け11日中盤のインド株式市場の株価は、次期総選挙で現政権が勝利するとの期
待感を背景に上伸。NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)<.NS
EI>は一時0.94%高の11140.85と、昨年9月26日以来、約6カ月ぶりの高
値を付けた。
    NSE指数は0515GMT(日本時間午後2時15分)時点は0.89%高の11
133.65。ENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構
成)        は0.77%高の3万6952.75。
    インド選管は10日、次期総選挙を4月11日から実施すると発表した。アリハント
・キャピタル・マーケッツのアニタ・ガンジー氏は「選挙を前にした上昇が一因で、外国
機関投資家の売買動向も上向きだった。外国人投資家の観点からも、政策の安定は好まし
い」と指摘した。
    インドステイト銀行は2.8%高となり、1カ月超ぶりの高値。同行は8日
に、預金の利息と短期融資の金利をインド準備銀行(中央銀行)のレポ金利にリンクさせ
ると発表した。
    その他の銀行も上昇し、ニフティPSU銀行株指数は2.3%高。
    エネルギー株も全般に値を上げた。ヒンダスタン・ペトロリアムは4.5
%高、バラト・ペトロリアムは3.5%高。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below