March 6, 2019 / 7:33 AM / 19 days ago

インド株式市場・中盤=上伸、印パの緊張緩和で中型株に買い

    [6日 ロイター] - 
 インド                   日本時間15時43    前日比       %          始値
                          分                                 
 SENSEX指数<.BSESN       36,606.00  + 163.46   + 0.45     36,544.86
 >                                                           
 前営業日終値                  36,442.54                                 
                          日本時間15時43    前日比       %          始値
                          分                                 
 NSE指数                    11,041.50   + 54.05   + 0.49     11,024.85
 前営業日終値                  10,987.45                                 
 
    中盤のインド株式市場は上伸。インドとパキスタンの緊張が一段と和らいでおり、中
型株への買い意欲が再燃した。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0537
GMT(日本時間午後2時37分)時点で0.42%高の1万1033.95。リライア
ンス・インダストリーズやICICI銀行などの大型株が主導した。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)<.BS
ESN>は0.37%高の3万6576.08。
    印パの緊張激化は先週の相場に打撃を与えたが、主要株価指数は値を戻しつつある。
    IDBIキャピタルの調査部門責任者は、数週間後に迫った総選挙に絡み、「政局の
不安定が、相場が調整した大きな理由だ。(最近の動きから)市場は現政権が2期目に入
ると感じている」と指摘した。
    ニフティ中型株100指数は1.1%高。指数は1─2月で6%下げ
たものの、過去2週間で下落幅の大半を回復していた。 
    IT株は前日の下落の後を受けて反発。ウィプロは3.5%高となり、N
SE指数の構成銘柄で最も上昇率が大きくなっている。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below