October 17, 2018 / 7:41 AM / a month ago

インド株式市場・中盤=上伸、流動性懸念でノンバンク安い

    [17日 ロイター] - 
 インド                  日本時間16時12    前日比      %        始値
                         分                                
 SENSEX指数<.BSES       35,282.29  + 119.81  + 0.34   35,543.38
 N>                                                        
 前営業日終値                 35,162.48                              
                         日本時間16時13    前日比      %        始値
                         分                                
 NSE指数                   10,596.45   + 11.70  + 0.11   10,688.70
 前営業日終値                 10,584.75                              
    インド株式市場の株価は上伸し、一時2週間ぶり高値を付けた。ただ、流動性懸念か
らノンバンクの金融関連株が下落し、世界的な株高ほどの勢いはなかった。
    インド市場では、ルピー下落と原油価格高で流動性が逼迫している。最近のノンバン
クのデフォルト(債務不履行)も懸念要因として浮上している。
    IDBIキャピタルの調査部門責任者、AKプラブハカル氏は、「世界的な株価の動
向についていくべきなのだろうが、売りも出た。外国人投資家は前引け後、再三売りを出
した」と語った。
    0537GMT(日本時間午後2時37分)時点で、NSE指数(ナショナル証券取
引所に上場する50銘柄で構成)は0.22%高の1万0608.40、SENSEX指
数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.41%高の3万5
305.18。
    両指数は4営業日続伸している。
    個別銘柄では、リライアンス・インダストリーズが四半期決算を控えて上
伸し、1.3%高。インフォシスは、予想を上回る決算が好感され最大3.8
%高。
    一方、インディアブルズ・ハウジング・ファイナンスは8.9%安で、値
下がり率トップだった。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below