June 27, 2019 / 6:48 AM / a month ago

インド株式市場・中盤=上伸、米中首脳会談に注目

    [27日 ロイター] - 
    
 インド             日本時間15時26    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       39,765.29  + 173.21   + 0.44  39,633.97
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            39,592.08                              
                    日本時間15時26    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              11,895.85   + 48.30   + 0.41  11,860.85
 前営業日終値            11,847.55                              
    
    27日午前のインド株式市場の株価は、デリバティブ(金融派生商品)の満期到来を
控え、アジア株につれ高となっている。米中貿易戦争の一時休戦への期待が高まっている
。
    0513GMT(現地時間午前10時43分、日本時間午後2時13分)時点でNS
E指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.34%高の1万188
8.10、SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成
)は0.38%高の3万9740.89。
    香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは27日、消息筋の話として、米中が追
加関税の発動回避に向けた合意を準備していると報じた。
    MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は0.6%高。
    トランプ米大統領は29日に大阪で中国の習近平国家主席と会談する予定。頓挫した
米中交渉の再開につながる可能性があるが、一方で、より徹底的でコストのかかる貿易戦
争の引き金にもなり得る。
    インドでは、同国政府による米国からの輸入品28品目への関税引き上げをトランプ
大統領が批判したことを受けて、米国との貿易摩擦への懸念が市場心理を圧迫した。
    SMCグローバル・セキュリティーズのサウラブ・ジェイン氏は「米中貿易摩擦に起
因する不確実性のため市場は神経質になっている。20カ国・地域(G20)首脳会議(
サミット)の結果が出るまで、市場は慎重姿勢を維持するだろう」と語った。
    金融株が特に値上がりし、インディアブルズ・ハウジング・ファイナンス
が2.2%高、アクシス銀行とインダスインド銀行はそれぞれ2%超
値上がりした。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below