July 10, 2018 / 7:52 AM / in 4 months

インド株式市場・中盤=上伸、HDFC銀行など主導

    [10日 ロイター] - 
 インド                  日本時間16時23     前日比        %         始値
                         分                                   
 SENSEX指数<.BSES        36,166.03  + 231.31    + 0.64    36,068.27
 N>                                                           
 前営業日終値                  35,934.72                                 
                         日本時間16時39     前日比        %         始値
                         分                                   
 NSE指数                    10,920.75   + 67.85    + 0.63    10,902.75
 前営業日終値                  10,852.90                                 
 
    10日中盤のインド株式市場は上伸。HDFC銀行やリ
ライアンス・インダストリーズなど主要銘柄が上げを主導し
た。市場ではこの日発表されるタタ・コンサルタンシー・サービシズ(
TCS)など、今後明らかにされる企業決算が注目されている
。
    MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)はほぼ
変わらず。
    0606GMT(日本時間午後3時6分)時点で、NSE指数(ナ
ショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は前日終値比
0.64%高の1万0921.85。SENSEX指数(BSE=ボン
ベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)        は0.64%高
の3万6164.73。
    クオンタム・セキュリティーズのディレクター、ニーラジ・デワン
氏は「相場高の大部分が堅調な世界の市場を理由としている。ドル安の
影響もあるかもしれない。恐らく新興市場への資金回帰につながるから
だ」と指摘。市場では今期は良好な内容の決算が見込まれていると付け
加えた。
    HDFC銀行は0.9%高。リライアンス・インダストリーズは2
.4%高。
    IT株も上伸した。インフォシスは1%高。自社株買い
を検討していると表明したHCLテクノロジーズは3.5%
高。TCSは0.4%高。
    通信大手イデア・セルラーは急伸。同社と英同業大手ボ
ーダフォンのインド事業統合について、インド通信省が条件付きで認可
したとの報道が好感された。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below