March 12, 2018 / 8:29 AM / 5 months ago

インド株式市場・中盤=上伸

    [12日 ロイター] -    
 インド                 日本時間16時55    前日比      %        始値
                        分                                
 SENSEX指数<.BSE       33,695.39  + 388.25  + 1.17   33,468.16
 SN>                                                      
 前営業日終値                33,307.14                              
                        日本時間17時10    前日比      %        始値
                        分                                
 NSE指数                  10,358.80  + 131.95  + 1.29   10,301.60
 前営業日終値                10,226.85                              
    
    中盤のインド株式市場は、この日発表される同国インフレ統計を控えて上伸した。前週末に発表された
米雇用統計を受け、米国のインフレや利上げペースの加速に対する懸念が和らぎ、世界の株価が上昇したの
に追随した。
    MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は1.3%高と3営業日続伸。
    0613GMT(日本時間午後3時13分)時点でNSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50
銘柄で構成)は前営業日終値比0.92%高の1万0321.25。SENSEX指数(BSE=
ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)        は0.88%高の3万3601.39。
    ジェオジット・フィナンシャル・サービシズの主任市場ストラテジスト、アナンド・ジェームズ氏は「
米国株高を受けてアジア市場の取引が堅調に始まったたことが若干のプラス要因」と指摘した。
    金融株は、一部の国有銀行を除いて上伸した。住宅金融のHDFCは1.4%高、HDFC
銀行は0.7%高。一方、パンジャブ・ナショナル銀行は3.14%安。
    IT株は値を上げ、インフォシスは2.1%高。 
    ITCなどのたばこメーカーは上伸。GST諮問委員会が週末の会議でたばこ税を改定しなか
ったことが好感された。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below