August 1, 2018 / 8:58 AM / 5 months ago

インド株式市場・中盤=上値消す、中銀は利上げか

    [1日 ロイター] - 
 インド                 日本時間17時16    前日比       %       始値
                        分                                 
 SENSEX指数<.BSE       37,517.56   - 89.02   - 0.24  37,643.87
 SN>                                                       
 前営業日終値                37,606.58                              
                        日本時間17時31    前日比       %       始値
                        分                                 
 NSE指数                  11,335.65   - 20.85   - 0.18  11,359.80
 前営業日終値                11,356.50                              
 
    1日中盤のインド株式市場の株価は、序盤は続伸して最高値を更新する場面もあった
が、中央銀行の政策決定を控えて上値を消し、ほぼ横ばいとなっている。米中貿易関係の
悪化懸念やインドに関する民間統計も地合い悪化につながった。
    ジオジット・フィナンシャル・サービシズの調査責任者は「おそらく前四半期から、
市場は金融政策決定会合(の結果)を織り込んでいた」と指摘した。
    ロイターは先週、エコノミスト63人を対象に調査を実施。うち37人は、インド準
備銀行(RBI、中央銀行)が1日、政策金利を引き上げると予想した。インフレ率は中
銀の中期目標である4%を上回っており、2019年を通じてその水準にとどまる見通し
だ。22人は次回の利上げが18年中か19年初めにあると予想した。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0701
GMT時点で0.03%高の1万1360.25。一方、SENSEX指数(BSE=ボ
ンベイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)        は0.08%安の3万7575.
68となっている。
    銀行株と自動車株が大きく下げた。スズキのインド子会社マルチ・スズキ
は7月の販売がさえず、一時2.3%安。タタ・モーターズは四半期決算で約
3年ぶりの赤字を計上したことが響き、5.3%下落した。
    金融株では、ハウジング・デベロップメント・ファイナンス(HDFC)
が0.9%安、ICICI銀行が1.5%安。
    一方、複合企業リライアンス・インダストリーズは約1.5%高。
    北海ブレント先物相場が続落したのを受け、インディアン・オイル
、バラト・ペトロリアム、ヒンドゥスタン・ペトロリアムなどの石油
株は上昇した。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below