July 3, 2018 / 8:40 AM / 4 months ago

インド株式市場・中盤=上昇、エネルギー・IT株が高い

    [3日 ロイター] - 
 インド         日本時間17  前日比     %    始値
                時1分                      
 SENSEX    35,353.97  + 89.5  + 0.2  35,344
 指数                            6      5     .21
 前営業日終値    35,264.41                       
                日本時間17  前日比     %    始値
                時16分                     
 NSE指数<.N   10,687.20  + 29.9  + 0.2  10,668
 SEI>                            0      8     .60
 前営業日終値    10,657.30                       
 
    3日中盤のインド株式市場は上昇。中国製品に対する米国の関税発動を控えて世界的
な貿易摩擦への懸念がくすぶる中、エネルギー株が買われた。
    米国は6日、340億ドル相当の中国製品に追加関税を課す方針。発動日を前に、中
国株は下落した。
    IDBIキャピタルの調査責任者は「弱気のスタンスのため、市場はまちまちだ。(
企業)業績などが来週判明するのを待っている」と述べた。
    インドの決算発表シーズンは来週始まる。ITサービスのインフォシスは
13日に四半期決算を発表する予定だ。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)       は0559
GMT時点で0.38%高の1万0698.10。SENSEX指数(BSE=ボンベイ
証券取引所に上場する30銘柄で構成)は0.37%高の3万5393.87。
    ニフティ・エネルギー指数は一時、1.3%高。インド石油・天然ガス
公社(ONGC)が高かった。
    リライアンス・インダストリーズとタタ・コンサルタンシー・サービシズ
(TCS)とインフォシスは上昇。ヒーロー・モトコープは2%高。
    銀行株は小幅安。
    ニフティPSU銀行株指数は1.25%安。パンジャブ・ナショナル銀
行(PNB)は1%安。バローダ銀行は0.50%安。
    ニフティ・メタル指数は一時1.4%下落。金属株は2日続落した。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below