Reuters logo
インド株式市場・中盤=上昇、不良債権処理進展への期待で
2017年6月19日 / 08:06 / 5ヶ月前

インド株式市場・中盤=上昇、不良債権処理進展への期待で

    [19日 ロイター] - 
 インド               日本時間16時31      前日比       %        始値
                      分                                   
 SENSEX指数<.B        31,211.75   + 155.35   + 0.50   31,168.98
 SESN>                                                     
 前営業日終値               31,056.40                                
                      日本時間16時47      前日比       %        始値
                      分                                   
 NSE指数                  9,627.45    + 39.40   + 0.41    9,626.40
 前営業日終値                9,588.05                                
    
    週明け19日中盤のインド株式市場は上昇。インド準備銀行(中央銀行)が、市中銀
行に対し、12の大口デフォルト(債務不履行)企業の破産手続き開始を要請したことで
、不良債権処理が進むとの期待が拡大。これを受けインドステイト銀行 などが
上昇した。
    複数の関係筋によると、デフォルト企業は、鉄鋼のエッサール・スチール         
、ブーシャン・スチール 、エネルギー企業モンネット・イスパット・アンド・
エナジーなど。
    中銀は12社の名称を公表していない。
    タウルス・アセット・マネジメントのRK・グプタ氏は「中銀の不良債権処理の指令
を受け、こうした資産が減るとの見方が広がっている」と話した。
    NSE指数 (ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0644
GMT時点で0.37%高の9623.65。
    ニフティPSU銀行 は0.79%高、インドステイト銀行は0.7%高
、カナラ銀行 は1.8%高。
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は0.47%高
の3万1201.69。
    ただ、破産手続きの対象となっている銘柄は下落した。
    インフラ開発のランコ・インフラテック は、破産手続きの対象になったと
表明。これを受けて同社株は8.5%下落し、過去最安値を付けた。 モンネットは19
.9%安。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below