October 16, 2018 / 7:02 AM / a month ago

インド株式市場・中盤=上昇、堅調な決算背景

    [16日 ロイター] - 
 インド             日本時間15時26    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       35,084.29  + 219.19   + 0.63  35,004.33
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            34,865.10                              
                    日本時間15時26    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              10,565.55   + 53.05   + 0.50  10,550.15
 前営業日終値            10,512.50                              
    
    インド株式市場は世界市場の値上がりに連れて上昇した。きょうの市場の注目材料は
主要銘柄のIT大手インフォシスが発表する予定の決算で、増益が広く予想さ
れている。
    アジア株は堅調に推移。先週の大幅下落の後で、よりしっかりした足取りになってい
る。
    インド株は3営業日続伸に向かっている。11日には、世界の株価急落のあおりでイ
ンド株も大幅安となっていた。
    KRチョクシー・インベストメントマネジャーズの創業者デベン・チョクシー氏は「
市場の売り圧力は低下した。各社の決算はこれまでのところ予想の範囲内だ。株価は回復
軌道にある」と語った。
    0524GMT(現地時間午前10時54分、日本時間午後2時24分)時点で、N
SE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.73%高の1万05
89.30。NSE指数構成銘柄ではインダスインド銀行が上昇率トップ。7
─9月期利益が4.6%増となったことが好感された。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0
.86%高の3万5164.96。
    インフォシスは1%超上昇。同業のタタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)
が先週発表した決算は概ね好調だったが、アナリストらは同社の利益率をなお懸
念している。
    15日の決算が増益だったサウス・インディアン・バンクとジー・メディ
アは16%余り急伸した。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below