July 30, 2018 / 10:05 AM / 5 months ago

インド株式市場・中盤=上昇、最高値更新後に上げ幅縮小

    [30日 ロイター] - 
    
 インド             日本時間18時43    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       37,498.17  + 161.32   + 0.43  37,491.39
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            37,336.85                              
                    日本時間18時42    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              11,318.55   + 40.20   + 0.36  11,296.65
 前営業日終値            11,278.35                              
 
    30日中盤のインド株式市場の株価は上昇。寄り付き直後には過去最高値を付ける場
面もあったが、投資家が今週相次ぎ開かれる主要中央銀行の金融政策会合に目を転じると
次第に勢いを失い、上げ幅を縮めた。
    ICICI銀行、インドステイト銀行、複合企業リライアンス・
インダストリーズが上昇。一方、住宅金融大手ハウジング・デベロップメント
・ファイナンス(HDFC)とIT株は下落。
    IDBIキャピタルの調査担当者は「市場は今週開かれる複数の中央銀行の会合、特
に米連邦公開市場委員会(FOMC)を警戒している」と指摘した。
    ロイター通信がエコノミストを対象に実施した調査によると、インド準備銀行(RB
I、中央銀行)が31日、8月1日の会合で追加利上げを決めると予想しているのは63
人中37人。一方、22人は次の利上げが2018年末か19年1─3月期までに行われ
ると予想している。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は一時
0.4%高の3万7496.80と過去最高を更新。NSE指数(ナショナル証券取引所
に上場する50銘柄で構成)も0.3%高の1万1309.35と過去最高値を付けてい
る。
    ICICI銀は4.5%高。4─6月期に増加した不良債権が11四半期ぶりの低水
準となったと発表したことが好感された。
    四半期の純利益が8%増となったリライアンス・インダストリーズは2.4%高で、
過去最高値を更新した。
    インドステイト銀も4.4%高となり、2月9日以来の高値を付けた。第1・四半期
の利益が2倍に増えたバローダ銀行は9.1%高。
    一方、HDFCは1.48%安。IT大手インフォシスは1%安。同HC
Lテクノロジーズは1.4%安となっている。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below