May 7, 2018 / 8:30 AM / 18 days ago

インド株式市場・中盤=上昇、米利上げ懸念が後退 銀行株高い

    [7日 ロイター] - 
 インド                日本時間16時51分      前日比        %        始値
 SENSEX指数<.BS         35,119.31    + 203.93    + 0.58   34,983.59
 ESN>                                                          
 前営業日終値                 34,915.38                                  
                       日本時間17時7分       前日比        %        始値
 NSE指数                   10,682.45     + 64.20    + 0.60   10,653.15
 前営業日終値                 10,618.25                                  
 
    7日中盤のインド株式市場の株価は、他のアジア株につれて上昇している。4日発表
の米雇用統計がそれほど力強い内容ではなかったため、米連邦準備理事会(FRB)が利
上げを加速させるとの懸念が後退した。
    4月の米雇用統計は失業率が約17年半ぶり低水準の3.9%を記録したが、賃金は
ごく小幅な伸びにとどまった。このことから、FRBが今後も利上げを続けるものの、緩
やかなペースで行われるとの見方が広がった。
    MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は0.21%高。
    0614GMT(日本時間午後3時14分)時点でNSE指数(ナショナル証券取引
所に上場する50銘柄で構成)は0.34%高の1万0654.7。SENSEX指数(
BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.31%高の3万502
4.79。
    ニフティPSU銀行株指数は1.6%高。パンジャブ・ナショナル銀行
(PNB)などが値上がり率上位。PNBは6日、2018/19年度のビジ
ネスの10%成長を目指していると表明した。
    ICICI銀行は1─3月期決算の発表を控えて1.5%高。
    ただアナリストらは、原油相場とインドルピーも市場に影響を与える要因になると指
摘した。
    投資顧問会社エクイティ99のシニアアナリストは「決算のほかに、原油とルピーの
値動きがきょうの市場を動かす公算が大きい。債券利回りの上昇とルピーの下落が市場の
主要な懸念材料だ」と述べた。
    10年債利回りは7.60%で始まり、4日引け水準の7.73%か
ら大幅に低下した。
    ルピーは対ドルで17年2月17日以来の安値。
    大手食用油メーカーのルチ・ソヤ・インダストリーズは同社に対する買収
提案を巡る報道を受けて約15%急伸した。
    値下がり銘柄では、バーラト・ペトロリアム、インディアン・オイル(I
OC)、ヒンドゥスタン・ペトロリアムなどが原油高を受けて1.5
─2.15%安。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below