May 8, 2018 / 7:37 AM / 4 months ago

インド株式市場・中盤=上昇、ICICI銀や石油株が高い

    [8日 ロイター] - 
 インド             日本時間16時12    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       35,263.96   + 55.82   + 0.16  35,349.85
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            35,208.14                              
                    日本時間16時28    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              10,721.20    + 5.70   + 0.05  10,757.90
 前営業日終値            10,715.50                              
    8日中盤のインド株式市場の株価は上昇した。ICICI銀行の急伸が株
価全般を支えた。同行が前日の取引終了後に発表した1─3月期決算を受けて、資産の質
が改善すると期待された。
    0609GMT(日本時間午後3時09分)時点でNSE指数(ナショナル証券取引
所に上場する50銘柄で構成)は0.21%高の1万0738.4。SENSE
X指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)        は0.27
%高の3万5301.6。
    ICICI銀は一時7.57%急伸し、NSE指数構成銘柄で上昇率トップだった。
証券各社は潜在的な不良債権件数の大幅な減少を理由に、同銘柄の買い推奨を維持した。
    アナリストらは、インド南部カルナタカ州の選挙結果が判明する前に、株価に幾分調
整が入る可能性があるとした。IDBIキャピタルの調査責任者は、NSE指数が1万0
500から1万0800のレンジ内で推移すると予想。「カルナタカ州の選挙後に燃料価
格が引き上げられる可能性があるため、石油販売会社の株価が値上がりするかもしれない
」と述べた。
    石油会社はバーラト・ペトロリアムが1.35%、ヒンドゥスタン・ペト
ロリアムが2.29%、それぞれ上伸した。
    ブレント原油相場は3年半ぶり高値水準から後退した。投資家は、米国がイ
ラン核合意から離脱するかどうかに関するトランプ米大統領の発表を待った。
    鉄鋼大手タタ・スチールは続伸し、一時1.3%高。マッコーリーは、イ
ンド国内の鉄鋼価格が上昇傾向を維持すると予想する。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below