December 18, 2019 / 6:42 AM / a month ago

インド株式市場・中盤=上昇、IT株主導で一時最高値

    [18日 ロイター] - 
    
 インド              日本時間15時21    前日比       %       始値
                     分                                 
 SENSEX指数<.      41,417.79    + 65.62   + 0.16  41,442.75
 BSESN>                                                          
 前営業日終値            41,352.17                               
                     日本時間15時21    前日比       %       始値
                     分                                 
 NSE指数              12,181.70    + 16.70   + 0.14  12,197.00
                                                                 
 前営業日終値            12,165.00                               
    
    18日午前のインド株式市場の株価は上昇。NSE指数は一時史上最高値を記録した
。ルピー安がIT関連銘柄を押し上げた。また米中の「第1段階」貿易合意で世界経済の
主要リスクの一つが軽減されるとの期待も株高の背景にある。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0356GMT(
現地時間午前9時26分、日本時間午後0時56分)時点で0.15%高の1万2183
.50。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は
0.18%高の4万1421.70。
    投資助言会社ケジリワル・リサーチの創業者、アルン・ケジリワル氏は「経済は悪い
が、相場は上げている。相反する動きをしている。この先状況が改善するとの期待が市場
を主導している」と指摘した。
    ルピーはドルに対し0.15%安となり、これを受けてウィプロ、タタ・
コンサルタンシー・サービシズが買われた。
    ニフティIT株指数は1.27%高となり、中でもテック・マヒンドラ<T
EML.NS>は2%高を記録した。
    政府から打ち出される追加の景気刺激策への期待が高まる中、投資家の関心は近く開
かれる物品・サービス税(GST)に関する会合へと向かっている。
    NSE指数で出遅れが目立っているのは、ベダンタとヒンドゥスタン・ユ
ニリーバ。このほか国営銀行株で構成されるニフティPSU銀行株指数<.NIFTYP
SU>が1.24%下落した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below