April 3, 2017 / 7:40 AM / 10 months ago

インド株式市場・中盤=上昇、NSE指数が最高値更新

    [3日 ロイター] - 
 インド                  日本時間16時7分        前日比        %         始値   出来高概算
 SENSEX指数<.BSES          29,842.29    + 221.79    + 0.75    29,737.73     1.95億株
 N>                                                                            
 前営業日終値                    29,620.50                                                
                         日本時間16時22分       前日比        %         始値   出来高概算
 NSE指数                       9,216.20     + 42.45    + 0.46     9,220.60             
 前営業日終値                     9,173.75                                                
    
    中盤のインド株式市場は上昇し、NSE指数が過去最高値を更新した。先月の海外か
らの資金流入が大幅増加となったことで地合いが支えられた。
    証券決済機関のNSDLによると、3月の海外投資家の買い越し額(株・債券)はネ
ットで88億4000万ドルで、少なくとも2002年以降で最大だった。
    主要州の議会選挙でモディ首相の与党が勝利したことが背景。
    昨年の高額紙幣廃止の経済への影響が深刻でない兆候も支援した。
    また、きょう発表された3月のインド製造業PMIは5カ月ぶりの高水準だった。
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)        は日本
時間16時7分時点で221.79ポイント(0.75%)高の2万9842.29。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は日本時間
16時22分時点で42.45ポイント(0.46%)高の9216.20。
    
    複合企業リライアンス・インダストリーズは一時4.5%高と2008年
5月以来の高値をつけた。傘下の携帯電話会社リライアンス・ジオ・インフォコムが有料
契約者が7200万人に達したと発表した。
    競合会社のバーティ・エアテルは3.3%安、イデア・セルラー
は1.6%安。
    情報技術(IT)大手インフォシスは1.5%安。創業者のN.R.ナラ
ヤナ・ムルティ氏は、プラビン・ラオ最高執行責任者(COO)の報酬が大幅に引き上げ
られたことを批判した。    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below