Reuters logo
インド株式市場・中盤=下落、インフォシスが安い
2017年10月31日 / 08:06 / 21日前

インド株式市場・中盤=下落、インフォシスが安い

    [31日 ロイター] - 
    
 インド             日本時間16時38    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       33,250.88   - 15.28   - 0.05  33,254.93
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            33,266.16                              
                    日本時間16時54    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              10,358.25    - 5.40   - 0.05  10,364.90
 前営業日終値            10,363.65                              
 
    
    31日中盤のインド株式市場の株価は下落。インドステイト銀行(SBI)
など最近堅調な値動きを示していた銘柄や、配当落ちを迎えたインフォシスが
値を下げた。
    インド政府が先週、銀行の資本増強策と道路建設への支出を発表したのを受け、NS
E指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)とSENSEX指数
(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)        は過去最高値を更新した。
    この日の相場安は、前日の米国株安を受けたアジア株の軟調が背景。
    NSE指数は0609GMT(日本時間午後3時9分)時点で0.21%安の1万0
342.35、SENSEX指数は0.1%安の3万3234.76。
    インフォシスは2.4%安と、NSE指数を最も押し下げる要因となっている。
    最近堅調な値動きを示していたSBIは2%安、パンジャブ・ナショナル銀行<PNBK.
NS>は2.5%安。
    アクシス銀行は5.2%高。インド経済紙エコノミック・タイムズは、ベイン・キャ
ピタルによる同行への7億5000万─10億ドルの投資に向け、両社の協議が進んだ段
階にあると報じた。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below