Reuters logo
インド株式市場・中盤=下落、インフォシスCEO辞任で地合い悪化
2017年8月18日 / 07:46 / 1ヶ月前

インド株式市場・中盤=下落、インフォシスCEO辞任で地合い悪化

    [18日 ロイター] - 
 インド            日本時間16時1    前日比      %      始値
                   9分                              
 SENSEX指数      31,438.33  - 357.13  - 1.12  31,729.8
                                                           8
 前営業日終値          31,795.46                            
                   日本時間16時3    前日比      %      始値
                   4分                              
 NSE指数<.NSEI       9,811.65   - 92.50  - 0.93  9,865.95
 >                                                  
 前営業日終値           9,904.15                            
    
    18日中盤のインド株式市場は下落。ITサービス大手インフォシスのシ
ッカ最高経営責任者(CEO)辞任で、地合いが悪化した。
    シッカ氏の暫定的な後任には、ラオ最高執行責任者(COO)氏が指名された。
    インフォシス株は一時、9.4%安と6月28日以来の安値まで下落。一日の下げ幅
としては2013年4月以来の大きさとなっている。
    また、トランプ米大統領の経済政策実行能力への疑念から、アジア株が軟調になって
いることも重しとなった。
    マーケットスミス・インディアのアヌパム・シンギ氏は「昨年12月以来続いていた
上昇基調が、圧力にさらされている」と指摘した。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0636GMT時
点で0.74%安の9830.40。週間では1.3%上昇。
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は0.88%安
の3万1513.91。週間では1%上げている。
    米国への輸出が多い医薬品銘柄も下落。ニフティ医薬品指数は1.7%安
。
    ただ、インフォシスの競合相手であるテック・マヒンドラやタタ・コンサ
ルタンシー・サービスはそれぞれ2.5%上げた。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below