Reuters logo
インド株式市場・中盤=下落、中銀の金融政策決定控え銀行株安い
2017年12月5日 / 08:15 / 7日前

インド株式市場・中盤=下落、中銀の金融政策決定控え銀行株安い

    [5日 ロイター] - 
 インド             日本時間16時30    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       32,728.51  - 141.21   - 0.43  32,814.03
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            32,869.72                              
                    日本時間16時46    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              10,083.40   - 44.35   - 0.44  10,118.25
 前営業日終値            10,127.75                              
    
    5日中盤のインド株式市場の株価は下落した。インド準備銀行(R
BI、中央銀行)の金融政策決定を控え、HDFC銀行など金融株が主
に下落を主導した。アジア株に勢いが乏しいことも地合いを圧迫した。
    RBIはこの日、2日間の金融政策会合を開始した。政策金利の据
え置きが広く予想されている。投資家はRBIが6日発表する予定の政
策声明で、2月の利下げに関するいかなる兆しにも注目する見込み。
    MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)はほぼ変わらず。
    コタック・セキュリティーズの幹部は「RBIの政策決定を控えて
市場はやや慎重だ。それはかなり心理的なものだ。最近は世界市場で幾
分相場の下落が見られるが、インドでは起きていない。よってアジア市
場と同様に、いくらかの調整が入る時期だ」と説明した。
    NSE指数 (ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で
構成)は0553GMT(現地時間午前11時23分、日本時間午後2
時53分)時点で0.31%安の1万0096.95。SENSEX指
数        (BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成
)は0.33%安の3万2761.99。
    NSE国営銀行株指数は最大1.5%下げ、1カ月超ぶりの低水準
。バローダ銀行 とバンク・オブ・インディア(インド銀行)<
BOI.NS> が下落を主導している。
    同幹部は「金利に関するいかなるニュースも金融株には直接的な影
響がある。これらの金融機関にとって、利回りから借り入れコストまで
あらゆることに影響する」と語った。
    NSEとBSEでは、ほぼ全ての業種別株価指数が下落している。
 
    一方、IT大手インフォシス は先週末の新最高経営責任
者(CEO)任命を受けて2日続伸し、最大1.8%上昇した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below