February 18, 2019 / 8:15 AM / 5 months ago

インド株式市場・中盤=下落、大型株が安い

    [18日 ロイター] - 
    
 インド             日本時間16時26    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       35,651.61  - 157.34   - 0.44  35,831.18
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            35,808.95                              
                    日本時間16時26    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              10,679.30   - 45.10   - 0.42  10,738.65
 前営業日終値            10,724.40                              
    
    週明け18日午前のインド株式市場は、大型株の下げに引きずられ下落している。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0609GMT(日本時間午後3時
09分)時点で、0.72%安の1万0646.80。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=
に上場する30銘柄で構成)は0.72%安の3万5551.60。
    2018年10─12月期のインド企業の決算発表はほぼ終了したが、結果はさえないものが目立つ。
10─12月期決算は5月までに実施される総選挙前では最後の決算だった。
    レリゲア・ブローキングのジャヤント・マングリック社長は「買い手に乏しく、買いの手掛かりにも乏
しい。株価収益率がもう少し良ければ、インド株は魅力的な投資先になったかもしれない」と述べた。
    市場の地合いは大型株の下げに圧迫された。タタ・コンサルタンシー・サービシズは一時、2
.3%下落。リライアンス・インダストリーズは2%近く下げた。
    イエス銀行は売り圧力にさらされた。インド準備銀行(中央銀行)は、同社がリスク調査報
告に記載した情報が守秘義務違反と規制違反に当たると指摘した。イエス銀の株価は一時、8.2%安を付
けたが、その後は下げ渋っている。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below