May 16, 2018 / 9:53 AM / 9 days ago

インド株式市場・中盤=下落、州選挙結果を嫌気

    [16日 ロイター] - 
 インド         日本時間17  前日比     %    始値
                時55分                     
 SENSEX    35,409.82  - 134.  - 0.3  35,452
 指数                           12      8     .35
 前営業日終値    35,543.94                       
                日本時間18  前日比     %    始値
                時11分                     
 NSE指数<.N   10,757.15  - 44.7  - 0.4  10,751
 SEI>                            0      1     .95
 前営業日終値    10,801.85                       
 
    16日中盤のインド株式市場の株価は下落した。議会選挙が実施された南部カルナタ
カ州の次期政権の構成をめぐる懸念が、投資家のリスク選好意欲を弱めた。
    0611GMT(現地時間午前11時41分、日本時間午後3時11分)時点でNS
E指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)       は0.46%安の1
万0751.8。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄
で構成)は0.38%安の3万5408.98。
    モディ首相率いる与党インド人民党(BJP)はこの選挙で104議席を獲得。政権
樹立に必要な113議席に若干届かなかった。野党・国民会議派は78議席を占めた。
    国民会議派は、BJPが政権を握るのを防ぐため、獲得議席数3位(37議席)の地
域政党と連立を組む用意があると表明した。
    ただアナリストらは、カルナタカ州の選挙結果は2019年の総選挙でのBJPの再
選見込みを強めるものだと述べた。市場は総選挙結果を楽観する見込みという。
    金融サービスのウィリアム・オニール傘下の投資情報会社マーケットスミスのスダカ
ール・パタビラマン氏は「株価は非常に高い水準にあり、よって非常に変動しやすいので
、あらゆる出来事に過度に反応するだろう」と指摘。「今年はいくつかの州選挙が予定さ
れているため、不安定な値動きが続く見込み。ただ長期的にはとてもポジティブな状況だ
。BJPが19年の総選挙に勝利することを示す強い兆候が見られる」と語った。
    国有銀行株指数は3.3%安。15日発表の1─3月期決算で損失を計
上したパンジャブ・ナショナル銀行(PNB)が13.7%、シンジケート銀
行は10.7%、それぞれ急落した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below