May 6, 2019 / 7:33 AM / 16 days ago

インド株式市場・中盤=下落、米中協議の行方に懸念

    [6日 ロイター] - 
 インド                  日本時間16時14    前日比      %       始値
                         分                                
 SENSEX指数<.BSES       38,666.41  - 296.85  - 0.76  38,719.33
 N>                                                        
 前営業日終値                 38,963.26                             
                         日本時間16時14    前日比      %       始値
                         分                                
 NSE指数                   11,617.05   - 95.20  - 0.81  11,605.80
 前営業日終値                 11,712.25                             
 
    中盤のインド株式市場は、他のアジア市場と同様に下落。トランプ米大統領が中国製
品に対する追加関税の引き上げを表明したことで、大筋合意が期待されていた今週の米中
閣僚級貿易協議の行方に懸念が広がった。
    トランプ大統領は5日、ツイッターで貿易協議の進展が「遅すぎる」と主張。200
0億ドル相当の中国製品に課す追加関税を10%から25%に引き上げる意向を示した。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0631
GMT(日本時間午後3時31分)時点で、0.83%安の1万1615.25。SEN
SEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)        は0.
81%安の3万8649.50。両指数とも序盤には1%超下げた。
    アルタマウント・キャピタルの株式助言部門の共同責任者クリシュ・スブラマンヤム
氏は「きょうの下落はおおむね海外要因によるものだ」と説明。また、「インド株市場は
過去数週間、上昇基調だった。企業決算が本格化する中、調整売りが出たということもあ
る」と述べた。
    タタ・モーターズは一時、5.1%安。格付け会社ICRAが長期信用格
付けを引き下げたイエス銀行も一時、5%下げた。
    タタ・スチールは一時、3.7%安。欧州連合(EU)欧州委員会が、同
社と独ティッセンクルップの欧州鉄鋼事業の統合計画を認めない見通しとの報
道が嫌気された。 
    経営難のジェット・エアウェイズは一時、7.7%急落。ロイター通信は、
インド政府が同社の買収に関心を示す企業が出てくる可能性はほとんどなく、同社が破産
手続きに入らざるを得ないかもしれないとの認識を示したと報じた。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below