Reuters logo
インド株式市場・中盤=下落、GDP発表控え 銀行株が安い
2017年11月30日 / 08:26 / 11日前

インド株式市場・中盤=下落、GDP発表控え 銀行株が安い

    [30日 ロイター] - 
 インド             日本時間16時58    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       33,308.49  - 294.27   - 0.88  33,542.50
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            33,602.76                              
                    日本時間17時14    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              10,278.60   - 82.70   - 0.80  10,332.70
 前営業日終値            10,361.30                              
 
    30日中盤のインド株式市場は下落。デリバティブ(金融派生商品)の期限や7─9月期国内総生産(
GDP)発表を前にした警戒感からHDFC銀行 やICICI銀行などの銀行株が値
下がりした。
    アジア株安も重しとなった。アジア株の幅広い銘柄の値動きを示すMSCIアジア太平洋株指数(日本
除く) は一時1.41%下落した。
    HDFCセキュリティーズのディーパック・ジャサニ氏は「バリュエーションがかなり割高であるため
、ある程度の調整が入ることが予想される」と指摘した。
    NSE指数 (ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0617GMT時点で、0
.82%安の1万0276.20。月間では今年4度目の下落となる見通し。
    SENSEX指数         (BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は、0.9
0%安の3万3300.68。月間では前月に続き上昇する見通し。
    ICICI銀行 は1%以上値下がりし、前日まで4営業日続伸のHDFC銀行は0.9%安
。ニフティ銀行株指数 は1%下落し、3営業日続落となる見通し。 
    ニフティPSU銀行指数も3営業日続落し、一時1.4%安。インドステイト銀行(SBI)
 は1.8%安。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below