Reuters logo
インド株式市場・中盤=下落、ICICIなどの銀行株が主導
2017年9月21日 / 08:48 / 1ヶ月前

インド株式市場・中盤=下落、ICICIなどの銀行株が主導

    [21日 ロイター] - 
 インド         日本時間17時10    前日比       %        始値
                分                                 
 SENSEX        32,322.07   - 78.44   - 0.24   32,406.42
 指数                                              
 前営業日終値        32,400.51                               
                日本時間17時26    前日比       %        始値
                分                                 
 NSE指数<.N       10,112.60   - 28.55   - 0.28   10,139.60
 SEI>                                              
 前営業日終値        10,141.15                               
 
    21日中盤のインド株式市場の株価は下落。米連邦準備理事会(FRB)が年内あと
1回の利上げを示唆したことを受け、利益確定売りが進んだICICI銀行な
どの銀行株が下げを主導した。
    ジオジット・フィナンシャル・サービシズの主任市場ストラテジスト、アナンド・ジ
ェームズ氏は「FRBの金利政策決定を受けアジア市場では若干の圧迫が生じたが、イン
ド市場にとっては転機にはなっていない」と指摘。「国内の観点で言えば、長い間、最高
値水準を維持していたことから利益確定の動きが出ている。市場は相場を押し上げる新た
な手掛かり材料を探している」との見方を示した。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)       は0608
GMT時点で0.44%安の1万0096.65。一方、SENSEX指数(ムンバイ証
券取引所に上場する30銘柄で構成)は0.36%安の3万2284.01。両
指数とも3日続落となる見通し。
    ICICI銀行は一時2.4%下落し、8月11日以来の安値を付けた。
    ニフティPSU銀行指数は利食い売りに押され、一時1.4%安。アン
ドラ銀行は4%以上下落し、8営業日続伸のオリエンタル・バンク・オブ・コ
マースは2.9%安となっている。
    ニフティ・ファーマ指数は一時2.7%高、ニフティFMCG指数<.NIFT
YFMCG>は一時1.1%安となった。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below