April 30, 2019 / 8:26 AM / 23 days ago

インド株式市場・中盤=反落、イエス銀行が軟調

    [30日 ロイター] -    
 インド             日本時間16時51    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       38,909.42  - 157.91   - 0.40  39,056.92
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            39,067.33                              
                    日本時間17時6     前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              11,700.95   - 53.70   - 0.46  11,748.75
 前営業日終値            11,754.65                              
    
    中盤のインド株式市場は反落。イエス銀行が下落を主導している。
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)        は日本
時間16時51分時点で157.91ポイント(0.40%)安の3万8909.42。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は日本時間
17時6分時点で53.70ポイント(0.46%)安の1満1700.95。
    イエス銀行は一時30%安と、下落率は昨年9月21日以来の大きさとなり、大商い
となる中で12月11日以来の安値を付けた。
  金融株がNSE指数の下落分の大半を占めた。ニフティPSU銀行株指数
は一時4.3%安。
  住宅金融大手も値を下げ、インディアブルズ・ハウジング・ファイナンスは
一時7.9%安、PNBハウジング・ファイナンスは9.6%安。
  サンクタム・ウェルス・マネジメントのスニル・シャーマ最高投資責任者(CIO)
は、「期待外れな中国の製造業統計を受けて、他のアジア市場に足並みをそろえて、イン
ド株は軟調だ」と語った。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below