July 2, 2018 / 7:24 AM / 20 days ago

インド株式市場・中盤=反落、大型株の利食い売りで

    [2日 ロイター] - 
 インド                 日本時間15時55    前日比      %         始値
                        分                                
 SENSEX指数<.BSE       35,154.35  - 269.13  - 0.76    35,545.22
 SN>                                                      
 前営業日終値                35,423.48                               
                        日本時間16時10    前日比      %         始値
                        分                                
 NSE指数                  10,618.50   - 95.80  - 0.89    10,732.35
 前営業日終値                10,714.30                               
 
    中盤のインド株式市場は、世界的な弱地合いを映し反落。6月の自動車販売が好調だ
ったことを受け自動車株が上昇する中、投資家らは大型株で利食い売りに出た。
    アナンド・ラティのバイス・プレジデント、シッダルタ・セダニ氏は「大型株の間で
利食い売りが出ているようで、若干の調整となっている」と指摘。また、世界的な市場動
向が金属や原油・ガスのような循環セクターに影響を与えていると付け加えた。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0548
GMT(日本時間午後2時48分)時点で0.80%安の1万0628.60。SENS
EX指数(BSE=ボンベイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)        は0.68
%安の3万5182.30。
    リライアンス・インダストリーズ、ITC、ラーセン・アンド・
トゥブロがNSE指数の下げの大半を占めた。
    金属株も値を下げ、ヒンダルコ・インダストリーズとベダンタは
2%超下落で、ともに下落率上位。
    6月の自動車販売の好調を受け、ニフティ自動車指数は一時1.1%高
。バジャージ・オートは同指数上昇率第1位で2.8%高。
    タタ・スチールは一時3.3%高で、6月12日以来の高値。独ティッセ
ンクルップと長年懸案とされた鋼鉄合弁会社の設立で最終合意したことが好感
された。 
    インド鉄道のコンサルタント会社RITESは13%高、ファイン・オー
ガニック・インダストリーズは2.8%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below