June 21, 2019 / 7:19 AM / a month ago

インド株式市場・中盤=反落、自動車株が安い

    [ベンガルール 21日 ロイター] - 
    
 インド             日本時間15時42    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       39,403.76  - 197.87   - 0.50  39,608.25
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            39,601.63                              
                    日本時間15時42    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              11,785.15   - 46.60   - 0.39  11,827.60
 前営業日終値            11,831.75                              
    
    21日午前のインド株式市場の株価は反落。自動車株や不動産株が下げた。米中貿易
交渉を巡る不確実性や原油高が、米連邦準備理事会(FRB)の利下げ示唆を受けた投資
家の高揚感に勝る形となった。
    ニフティ自動車株指数とニフティ不動産株指数はそれぞれ
1%超安。現地紙ビジネス・スタンダードは21日、両業界の企業が原材料に対する一部
減税措置を受けられる可能性は低いと報じた。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0349GMT(
日本時間午後0時49分)時点で、0.37%安の1万1788.35。SENSEX指
数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.37%安の3万9
456.18。
    タタ・モーターズはNSE指数構成銘柄で下落率上位で、一時2.7%下
落した。格付け大手ムーディーズが、傘下の英高級車部門ジャガー・ランドローバー(J
LR)を格下げしたことが嫌気された。
    マルチ・スズキも同指数構成銘柄で下落率上位。同社は新たな排ガス規制
に対応するため、ベストセラー車の一車種の価格を引き上げると発表した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below